kimiのルンルンルン♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 立山登山マラニック・・・参加報告

<<   作成日時 : 2012/08/27 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

8月25日(土)



富山県立山登山マラニックに参加してきた。


画像



富山湾の浜黒崎海水浴場から常願寺川をさかのぼってひたすら立山連邦、雄山を目指す海抜から3003mまで駆け上るマラニック。


前日金曜日に富山入り、受付を済ませると、北九ウルトラ、下関走ろう会のメンバーと、今回この大会を勧めてくれて、なおかつ子守を買って出てくれたガッツさんとともに早々食事に出る。

何と言っても朝4時スタート、ホテルからの送迎バスは2時半にでる。


早く寝なくちゃ!!


・・・・なんとなくボ〜〜とした頭でスタート地点へ。


画像


海抜0の海水にタッチ。


松明の明かりの元、スタート!!

画像


スタートしてしばらくは延々常願寺川の河原を走る。


真っ暗で周りがよく見えない。

河原の石ころ道が案外走りつらい。

・・・・・実は心配だったアキレスの痛み。

バッチリテーピングで固めてみた。

やや痛いが、我慢できる程度。このままひどくならないといいけど・・・


画像



河原を走るうちに夜が明け、2時間弱で雄山神社、第一エイドに到着。

ここらあたりまでほとんどフラット。

徐々に傾斜が傾いてくる。同時に日差しが出てきて気温が上がってきた。

今回、このレース10回目のガッツさんが伴走してくれ、私のペースに付き合ってくれているのでとっても気楽。

足の痛みもあるのでそこそこペースで行きましょうかね、というところ。


実はここで女性2位の人と行ったり来たりだったが、登りになってくると俄然この女性が強い。

全然無理せず、マイペースで行く。


画像



立山駅第2エイド

ここから延々の上りが始まる。

画像



『悪城の壁』なる切り立った谷間を延々登るが、汗が半端なくしたたり落ちる。

足が攣りそう〜〜になりながら、称名エイドに到着

ここで子供たちが冷たいタオルを手渡してくれる。このタオルで足を冷やして、そのあと攣ることなく走ることができた。ありがたかったな。

でも、ここから・・・

画像



悪路『八郎坂』


画像



結構な勾配のトレイル道が始まる。


蛇1匹、サル3匹に遭遇する。



ここはつらいが、大好きなトレイル道なのでガンバガンバ!!


画像


途中、称名滝がどんどん上からの眺めになっていく。


ありがたいのは、トレイルの山の中でもサポーターが途中で待機して声をかけてくれるし、水も用意してくれている。


画像



山中を抜けると弘法エイド


画像


ここでおしゃれに冷たいお抹茶。(最後の羊羹をガッツさんに食べられた!が)おいしかった。


この後、
画像



これから弥陀ヶ原の湿原に入り、こんな木道の上を走ることになるが、とっても走りにくく、周りの花々を眺めているとずっこけてしまう。

ここは歩こう、とデジカメ片手に写真撮影。

…この後もたくさんの花の写真を撮った。


画像



弥陀ヶ原エイド名物、塩きゅうり。4本食べた。


ここから高原バス道路になるためこの先8Kはエイドなし。

ボトルに水を補給して、つづら折りの坂にチャレンジする。

ずっと一緒に走っていた、ガッツさんがトイレに行くので先に行く…と言い、スタートしたのですぐに後を追う。

…でも走っても走っても姿が見えず。


8Kのクネクネ坂は足が持たず、2K走って、500M歩く…を繰り返し、3回目は2Kも持たず、1K行っては500M歩き・・・


やった〜〜!室堂だ!


ここで実はガッツさん、弥陀ヶ原出てすぐのトイレに行っていたので私が前を走っていた。道理で追いつかないわけだ。


「頑張って走ったら9時間切れるかも・・・」とガッツさんが言うが、まあ、あんまり無理する意味もなかろうと景色を楽しみながら雄山頂上を目指すことにする。


画像



だってこんな壮大な景色が広がっている。

一の越までの道だって・・・

画像



雪渓が残る。

画像



一の越まではよかった。

でも、その先がいけない。


なんでも8月中旬から「富山県民の日」なるイベントで格安乗り物となるらしく(富山県民だけ)やったらと人が多い。

一の越からの瓦礫の急坂3Kが大渋滞!


室堂銀座とでも言いましょうか。全国レベルの山は違う、とにかく前に進めない。しかもランシューなので万が一滑って瓦礫を落としたら迷惑がかかると思おうと、黙って渋滞の中で辛抱する。


ガッツさんやその他男性は、わきの瓦礫をものともせずに追い越していくが・・・


結局、50分もかからず登れるはずのところ1時間20分もかかって頂上到着!!ヽ(^。^)ノ。

画像



雄山神社で霊験あらたかなお祓いをしてもらって下山する。


画像



上から雄山神社〜私設エイド(?)〜立〜弘法〜弥陀ヶ原〜室堂〜ゴールのラップです。


そんなに悪くはないのですけどね。

問題のアキレス、平地では痛みを感じていたものの登りになってその他のところのほうが痛かったりきつかったりしたので、感じる間がなくなっていた。
麻痺している。

ひどくなってないことは確か。筋肉痛が取れるとどんな具合かわかるだろう。


この後、またまた景色を堪能しながら室堂〜雷鳥荘に移動する。

実はとってもたくさんの高山植物に狂喜乱舞しながらたくさんデジカメ捕ったので、それはまた後日披露しましょうか。

翌日のトレッキングもまた後ほど報告しましょう。


走行距離・・・65K-9:27’10

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
アキレスに不安を抱えた状態での完踏、凄いです!
雄大な景色といい、雪渓といい、やっぱ、3000m級の山は違いますね。
他の写真、楽しみにしてます。
お疲れさまでした♪
ところで、酸素の薄さ感じました?
あずき
2012/08/28 06:37
脚が痛くてよく登れましたね!...さすがは...^^!!。
雪があるんですね〜!どれだけ標高が高いんですか!?驚きです!...。 九州とはまた違った山々の景色、いつか行ってみたい気になりました。 脚のケア、これからがシーズンですから大事に!^^。
ペンチ
2012/08/28 07:49
いやー師匠お疲れ様です。
ほんと、雪があるのにびっくり!
つーことは真冬は…あまり想像したくないですね。
下山はさらりと流していますが下るときにもエイドあるのですか?
Bianchi
2012/08/28 13:11
あずきさん>
私は九州の山以外登ったことが無かったので初めての3000越えです。
海抜0からなので空気の薄さは感じませんでした。息が上がるのはきついだけだったと思うし…
kimi
2012/08/28 13:15
ペンチさん>
本当にまだ行ったことのない所がたくさんありますねェ。
死ぬまで制覇して行きたい。
kimi
2012/08/28 13:17
今地図みてみたら。
黒四ダムの近くまで登るんですね。
あーあのへんだったら確かに真夏でも雪があったな。
Bianchi
2012/08/28 13:21
BIANCHI さん>
ゴール以後は第2弾でお話ししますが、その日は頂上から少し下ったところの山荘に全員宿泊なんですよ。宿泊費込みの参加料です。
kimi
2012/08/28 13:23
さすが師匠!
ネタは小出しかー!!
いやー惹きつけるねー。
Bianchi
2012/08/29 09:21
おかえりなさ〜い!!
ワクワクしながら記事を読みました!!
私も惹きつけられてられてま〜す(^^)/~~~
ままっち
2012/08/31 06:32
Bianchiさん>
小出ししてないってば。忙しくてコメント書く暇がなかったんだってば。
kimi
2012/08/31 07:53
ままっちさん>
日が落ちるととっても涼しくて寒いくらいでした。さすが高山でした。
kimi
2012/08/31 07:54
故郷の立山を堪能されたようですね。ちなみに小生は雄山神社近くに住んでいます。
はまっち
2012/09/02 21:03
はまっちさん>
はじめまして。
立山では、楽しませていただきました。良いところですね。次は是非、回りの山も楽しみたいと思いました。
kimi
2012/09/03 07:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
立山登山マラニック・・・参加報告 kimiのルンルンルン♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる