kimiのルンルンルン♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿蘇カルデラ〜応援

<<   作成日時 : 2013/06/03 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 27

6月1日(土)


気が付いたらもう6月に入っていた〜。

今年ももう半分近くになってしまった。

6月のイベントとしては阿蘇カルデラマラソン。今年は応援で行ってきた。

100Kはあずきさん、T永さん、O川くんにがっつさん。50KはM島ママやNコーチ、とっきゅうさん、Nくろさん、とり正夫妻などなど多数参加。


5月31日、金曜日の早朝からこちらを出て…もうすでに100Kはスタートしているわけだけど。


取りあえず、中間エイドの波野でランナーと出迎えることができたら、と急ぐ。


10時前に到着、もう少しで駐車場というところで100Kトップランナーを発見!

速いな〜〜。


お天気は車中、曇り空ではあるもののまだ雨は落ちていなかった。

到着前になって降り出す。

選手が多く波野にたどり着くころには本降り。気温も低め。

でもランナーには暑いよりは走りやすいかもしれない。


11時スタートの50Kランナーがスタート準備をしながら、通過の100Kランナーに声援を送る。

K重君、えらく速い位置で通過。4時間40くらいのところでO川くん、ガッツさん通過。さらにしばらくしてT永さん…今年は結構元気がいい。まだまだ余力がある。

遅れること20分であずきさん通過。

みんなまだまだ大丈夫そう。


・・・50Kスタート。雨模様の天候にみんなウェアに気を使う。ほとんどビニール袋を着ていたかな。

スタートを見送ってすぐに私もスタート。


棄権者のカードが2枚もあったけれど、やはり代走はいかんやろ、ということで別コースを走ることにした。

皆さん、波野から北上して高原をアチコチ回って降りてくるわけだけど、私は南側のコースを走ることにした。


画像




地図上では県道に沿って走る比較的平たんなコースと思ったら・・・県道って言ったって、途中で消滅しているような林道のような・・・スタート直後からすでに迷子になってしまった。


プリントアウトしていた地図は雨のためにボロボロになって見えない。

途中、工事のおじさんに道を尋ねるが、国道に出る幹線はわかるがそんなローカル道はようわからんという。


・・・ここで役だったのはお利口なスマホ


このナビさんのおかげで正しい道を発見して、しばし後戻り予定のコースに行く。



しかし、阿蘇を甘く見た。

阿蘇で平坦な山越えなんぞ、あるはずがない。

波野駅から国道265まで10K近く登り、その後7Kほど下る

途中は鬱蒼とした林道で、遭遇する人影なし、タヌキにまじかでバッタリ会って、目が合うとたぬきさんはゆっくり後もどっていった。

勿論自動販売機はなく、これ炎天下だったらのたれ死んでいたかも・・・


265のピークからの景色は素晴らしく、箱石峠なるあたりはまさに阿蘇〜〜!という景観。

なんとか苦戦しながらもびしょ濡れで無事、ランナーが苦しめられる「象の鼻」を下りたあたり、小嵐山のエイドに到着した。


ひゃ〜〜、冒険冒険だった。楽しかった!!またいつか走ってみたいようなコースだった。



小嵐山のエイドは92K地点、ここからのフラット8Kがとってもつらい。

すでにO川くん、ガッツさん、T永さんまで通過していた。

なんとかあずきさんは間に合って、最後の檄を入れる。

写メに振り返ったら腰がガクリときたらしい。悪かった・・・


M島ママ、とっても疲れた様子で通過。

一時上がっていた雨も再びひどくなって、歩くランナーには少しつらいかもしれなかった。


みんな結構いいタイムでゴール。

あずきさん、昨年のタイムを1時間も大幅更新。


老年の星、T永さん9時間55分。気力のサブテンで年代2位


M島ママは50Kでヘロヘロにはなりながら60代優勝!!これもすごい。


楽しい楽しいレースだった。

M島ファミリーと我が家はそのまま久住に移動。


翌日の山歩きに備えることにした。

2家族&F本さんでバーベキュー。車中泊、テント泊で明日の山開きを楽しみに就寝。


走行距離・・・30K−2:35’45

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
応援ランお疲れさまでした〜♪

激がなければ、こんなタイムで走れなかったです。
サブ10への足掛かりが出来ました。
感謝してます。
あずき
2013/06/03 11:47
オーみなさんお疲れ様です。
そうそう、師匠の激はほんと気合入るよ。
Bianchi
2013/06/03 12:46
あずきさん>
前半の調子が万全だったら絶対サブテン間違いないですね。振り返ってみたらあっという間の100Kですが、走ってる時は大変ですよね〜。ほんとに雨の中お疲れ様でした。
kimi
2013/06/03 14:44
Bianchiさん>
そうよ〜、とっても優しいから気が抜けそうよ。
kimi
2013/06/03 14:45
応援ランお疲れさまでした〜。
迷子になっても、正規の道にもどれてよかったですね。
迷子の才能もあるけど、戻れる才能もあるってことでしょうか?
応援行きたかったな〜。
たこ
2013/06/03 20:00
応援&迷子ラン、お疲れ様でした。
30kmも走ったんですね。さすがです。
とっきゅう
2013/06/03 20:42
たこさん>
最近方向感覚が鋭敏になってきて、帰巣本能が備わってきました。
たこさん、応援遣り損なっちゃって残念でしたね。
kimi
2013/06/03 21:08
とっきゅうさん>
素晴らしいタイムでのゴールでしたね。
素晴らしい!とっきゅうさんのひとつ前の人がNコーチでした。
kimi
2013/06/03 21:09
kimiさん、だったら…ってのは、やっぱダメですね。
これが今の実力なのだと思います。
欲張らず、でもちょっとづつ力をつけていきたいと思います。
でも前半の調子からして、ここまで粘れるのは、ウルトラ向きなのですかね?
なんて話を妻にすると、『ただしつこいだけやろ!』と言われました。笑
あずき
2013/06/03 22:08
あずきさん>
私だったらって、私だったらあんな雨の中走れません。
後半粘れるってちからがついているんだと思いますよ。
そうそううまくいきませんって。天候、気力、練習量、体調、全部がうまくそろうのはなかなかですよ。
…というか、十分うまくいってると思いますけどねー。1時間も記録更新しても欲が出てもっと上、…サブテンとか…狙うとああしていたら、こうしていたらって思うんでしょうね。
次はきっと全部完璧揃いますよ。太鼓判!!
kimi
2013/06/03 22:38
ありがとうございます。
去年と比べて、劇的に速くなったとは思いませんが、足が丈夫になったのは間違いないようです。
象ケ鼻を全くストレスなく駆け下りて、その先のゴールまで、しっかり走れたし。ここら辺は、めちゃくちゃ楽しかった〜
橘や、畑〜合馬、石嶺の起伏走の成果なんだと感じます。

でも、最後こんなに走れるんだったら、もうちょい序盤に頑張っとけば… って思うんですよね。
今回、トイレ休憩が多くて(4〜5回)これだけで10分近く…
エイドでも結構、ゆったりしてしまった…
まぁ、まだまだチャンスはあるし。
次ですね!
あずき
2013/06/04 07:47
おーわかるぞわかるぞあずきん!!
おれも最初の100Kトライでは師匠から並走してもらったにもかかわらず最後の5Kぐらいの下り坂が走るどころか歩けけなくなってしまい。
三回目のトライにしてこの下り坂を気持ちよく走りきった時には感動のあまりに走りながら号泣しましたもん。 下りの風のなかで自分の涙がちぎれていくーみたいな感触で。
Bianchi
2013/06/04 09:01
僕は下りきってしばらく走ったところで、ちょっとだけ泣きました。号泣はしてませんけど、号泣する気持ちはわかります。
あずきん
2013/06/04 11:36
あずきさん>
私はまだ走って涙が出たことはないですねー。感動の薄い女なのかしらん。
とにかく終わった!というのが先でうれしいばっかし。
目標をしっかり持っていたら感動も沸くのでしょう。私、今期はしっかり目標持って感動的に走ります。
kimi
2013/06/04 11:41
Bianchiさん>
兄いは案外涙もろく、感激屋なんですよね。その外見とのギャップがいい。
kimi
2013/06/04 11:42
泣くっていっても、うるっとくるくらいですよ。
今回は2、3滴こぼれたかも知れませんが…
それくらいはありません?
あずき
2013/06/04 12:17
あずきさん>
万感込み上げる…てのはありました。ウルトラではないですが、おととしの大阪国際で大雨の中ヘロヘロでゴールした時ウルッときました。
でもこれは感激というよりあまりに辛すぎて自分がかわいそ過ぎたから。
kimi
2013/06/04 13:57
感激して泣くのわかるな〜。
わたしは多分、この故障が完治したときに号泣しそうです。
たこ
2013/06/04 17:04
たこさん>
273Kを完走したら絶対号泣と思いますよ。
私も絶対もらい泣きする。
kimi
2013/06/04 19:47
最初の100Kゴールでは待っていてくれてたギンさんの目の前で号泣!
2、3、5、6回目ではゴールで号泣つーのはあんまりだろーてなわけでゴール前5キロぐらいのところで号泣しておき涙乾いた顔でさっぱりとゴール!
なんか号泣するとホントすっきりしていいよ。
今回の173Kだけは何故か涙が出なかったなー。
ハーフとフルでは泣けないけどやっぱウルトラクラスでは泣けますなー。
あ、ウルトラの練習のときにもゴールのイメトレやって泣いていることありますよ。
・・・わしゃ変態か?(笑)
Bianchi
2013/06/04 23:27
いえ変態ではないでしょう。
その気持ち十二分に分かります。
あずきん
2013/06/05 07:34
Bianchiさん、あずきさん>
あ、わたし、練習で泣けるときあります。
自分でとっても追い込んで、何とかこなせたとき涙出ます。[辛いわ~]みたいな感じ。
kimi
2013/06/05 07:48
うーん師匠、辛いとはチト違うかな。
やっぱ嬉し泣きですよ。
辛いときには涙でないな。
Bianchi
2013/06/05 11:10
Bianchiさん>
そうか、つらいけどやり遂げたわ〜だね。
kimi
2013/06/05 15:26
kimiさん>
去年の春にゴールした時はまさしくそんな気持ちでしたヌ
今年はそういえば泣かなかったですォ
あいあい
2013/06/05 18:03
あいあいさん>
つらければつらいほど、ググッときますよね。
今年は余裕があったってことでしょう。
kimi
2013/06/05 19:51
kimiさん>
余裕ではないと思いますが、時間の目安があったので最初の年みたいな不安がなかったからでしょうかォ
確かスタート前にinanekoさんからめちゃめちゃ不安そうな顔してると言われた記憶がありますヌ
予想がついてたからゴールした時やれやれ、という気持ちだったようです(苦笑)
あいあい
2013/06/06 12:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿蘇カルデラ〜応援 kimiのルンルンルン♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる