kimiのルンルンルン♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 長野マラソンの宿

<<   作成日時 : 2013/12/14 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 41

12月10日(火)



朝本陸

脚がバリバリ重たいので、M島ママとゆっくりJOGする。

みんな防府の調整であんまり距離を走らないので、結局最後まで走ったのは私たち二人だけだった。


走行距離・・・16.2K-1:41’30






12月11日(水)



朝から冷たい雨が降る。


昼過ぎに降りやんできたので本陸に行ってみた。

勿論こんな時間だし、こんな天気だし…誰もいない。


インターバルの日だが、河川敷ではこの風は無理だろうと本陸に来たのに、なに?〜この風。

突風!

いざ走ってみたら・・・・相当一生懸命走っているにもかかわらず・・・んんん?4’15−4’17−4’20・・・何このタイム?

ゼイゼイゼイ〜〜肩で息する。


やめた!

こんな時はすぐに止める。

無駄に過ごしません。

とにかく寒いし、退散退散・・


走行距離・・・7.7K-40'33





12月12日(木)


のんびりLSDの予定だが、昨日の不甲斐なさに落ち込み気味。


とにかく河川敷グランドに出かけ、ちょっと考えて1000Mを5本走ることにする。

昨日の再チャレンジ。


走り出し…昨日の強風に抗った後遺症で脚が重い。


それでも頑張る。

3’55〜56で5本行けた。

ホット息つく。


その後、河川敷を中間方面に上り、中間から水巻の大好きな知らないとこめぐり。


画像



水巻町の車返しって知ってる?

 『元和7年に堀川開削工事を着工したときは、現在の筑豊本線沿いに中間村へ掘り進むコースでしたが、地層と特異な急斜面により工事が難航しました。そのため、工事中断後再開されたときには別のコースをとり、吉田村の車返しの岩盤を掘り貫く工法を取ることにしました。
 現在でも岸壁に残されたノミのあとが難工事であったことを物語っています。このとき使用されたノミやツチの数が膨大であったため、この近くには鍛冶場が作られました。』




画像



このノミの後の残る絶壁の川沿いを走った。


走行距離・・・22K-2:01'59






12月13日(金)


夕方のボラのみ。休足の日。


昨日の疲れは残ってなくて足取りは軽かった。


走行距離・・・8.3K-58'29






12月14日(土)



朝は走りに行かずに、今日の昼に解禁の長野マラソンのお宿の申し込みに備えた。

おとーさんは長野市内ではなく、少し外れた湯田中温泉とか志賀高原とかにしようという。

…これは送り迎え付。

私は前日は近場の市内のほうが安心なので意見が対立。



それならと、おそらく本陸で明日の調整ラン中であろうT井さん(数年前に長野マラソン参加の経験あり)に意見を聞きに行く。

「まあ〜そこそこの都合でしょう」


どっちでもいいようなご意見で意見がまとまらず。

・・・でもいざ申し込みが始まると、心配したことはなかった。


市内の主だったホテルはアッという間に満室。

結局どこもとれず、離れた温泉で送り迎え付のところになった。


それでもいいけど・・・すざましいかな長野マラソン!!


ファックスで申し込みを済ませ、昼から本陸に出かけた。


少々風はあるが、ハーフのペース走を走る。

勿論明日の防府組は午前中走って調整終了なのでだれもいない。


本城陸上クラブと芦屋ジョギングの合同練習駅伝を眺めながら、頑張った。


予定4’30のところ4’21で終了。やや後半ばて気味ではあった。

ずいぶん上がってきたけどあと10秒アップだな。もう少しもう少し・・・


走行距離・・・23.3k−1:48’24

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(41件)

内 容 ニックネーム/日時
水巻町の車返し、もちろん知ってます。
折尾高校から東水巻駅に抜ける道沿いですね。
何百回、いや何千回走ったかわかりません(笑)。
懐かし!

明日から月例の帰省です。
kimiさんは月曜あたり、どこ走っているんでしょう?
トナ
2013/12/15 00:11
トナさん>
元気そうですね。
ランの予定は未定ですが、月曜日はたぶん本陸経由石峰山でしょう。トナさん、ゆっくり走るようならどこでも変更しますよ。
kimi
2013/12/15 07:25
ん?
全く知らんがなー。
青の洞門の近くかな?
あ、ありゃ大分だったけー?
Bianchi
2013/12/15 20:18
Bianchiさん>
それほど有名なものじゃ無いですけど。
昔石炭を運ぶ馬車も岩盤の硬さで道が掘り進めず、ここで馬車を引き返してたんだって。で、車返し。
ノミで削った後があるそうな。
kimi
2013/12/15 20:22
kimiさん、股関節のこともあり、走っても歩くより遅いです(笑)。
通院帰省なので、時間が合えばと思った次第。
月曜は午前病院、3時までヤボ用、5時から約束となかなかハードな1日。 頑張ります。
トナ
2013/12/16 00:11
トナさん>
忙しいですね〜。
なかなか会い出しませんね。
ハードな一日、かえって疲れません様に。
kimi
2013/12/16 08:04
本命レースに向けて練習もその他準備も着々と進んでいますね〜
タイミングみて、PRご一緒させてくださいね。
あずき
2013/12/16 20:57
確かに11日(水)は小雨で寒かったです。仕事を休んでいるので、気合を入れて走りました。これも、日々のジャーナルを掲載されているおかげだと思います。ありがとうございます。
久留米の永野文
2013/12/16 21:15
あずきさん>
あずきさんと一緒にPRできるほど脚力がアップしておらず、役不足です。
も少ししたら余裕ができてくるのでその時は是非お願いします。
kimi
2013/12/17 12:38
久留米の永野文さん>
本番のときでも風も吹けば雨も降りますからねー。リタイアの理由にはならないですよね。
でもリハビリ中の脚腰にはとてもつらかったですねー。まだ筋力がついてないんでしょうね。
kimi
2013/12/17 12:40
またそんな微妙なプレッシャーを…
タイミングがあえば、ぜひ宜しくお願いします。
ところであとで分かったのですが、ビジョガーY田さんは僕の1秒うしろでした。完全復活まじかですね。
あずき
2013/12/17 21:56
あずきさん>
そうそう、本人、ミラクルだといってますがね。
本来その力はあるので今回、調整練習ともうまく行ったのでしょう。
kimi
2013/12/17 22:59
わお!
ハイレベルな会話だなー。
外あまりにも寒いので室内でせっせと自転車トレやっとります。
汗かきたいもので。
Bianchi
2013/12/18 08:58
Y田さんは終始イーブンの理想的なラップでしたね。後半の落ち込みを最小限に抑えていますし。
ミラクルじゃなく実力のあっての走り方です。
あずき
2013/12/18 09:22
Bianchiさん>
そりゃそうです。ランナーのブログですから。
今日の雨は冷たいですねー。昼からレインウェア着て走ろうかと思ってます。
kimi
2013/12/18 12:14
あずきさん>
ここだけの話、ビジョガーY田さんは10K走ってもハーフ走っても同じ速さんなです。
kimi
2013/12/18 12:14
そりゃウルトラ向きですね!
来年は阿蘇50kといわず100kいけばいいのに…
あずき
2013/12/18 13:38
あずきさん>
あー、でも50K以上は無理かも…
kimi
2013/12/18 21:48
そりゃ最初はしんどいでしょうけど、100k経験しとけば絶対走りの幅が広がると思うんですけどね〜
そうは言いながら初めて阿蘇走った後、足壊れて1か月半走れなかったし。あれは辛かった。
あまり軽く、人に勧められないですね…
あずき
2013/12/18 22:49
あずきさん>
Y田さんはウルトラの変態さ加減の面白さはまだ体感してないみたいです。ぜひ教えてやってください。
kimi
2013/12/19 11:29
そうだねー。
ウルトラはやっぱ特殊かも?
おれのトラ仲間も橘湾100K一回経験してそれから二度と走ろうとは言わないし。
なんつーか。
独特の楽しさだもんねー。
あ、173Kに申し込まなきゃ。
Bianchi
2013/12/19 14:02
Bianchiさん>
そうね〜。フルとは全く違う競技だもんね。面白さのポイントが違うよね。はよ、気が変わらないうちに申し込みなさいよ!
kimi
2013/12/19 16:18
へいへい師匠。
しかし川の道といいトランス・エゾといい・・・
調べれば調べるほど面白いね。
520Kと1100Kだもんなー。
だれか一回挑戦してくれないかなー。
ギンさん焚きつけるのはどう?
Bianchi
2013/12/20 09:41
川の道は一瞬まよいましたが、エイドがほとんどなく荷物を背負う事が前提のようなのでちょっと辛い…
トランスエゾもそんな感じなんでしょ。私設サポートを付ける事はOKのようですが。現実的には難しい。
ジャーニーランっていうんですかね。走って寝て、また走って寝て…の繰り返し。そこまで変態じみたのは躊躇します。
1ステージの最長Wで十分です。でもさくら道はレース感覚で出てみたい。
あずきん
2013/12/20 11:00
コラコラあずきん。
川の道迷う時点で変態度Maxでしょww
520kですぞあーた!!
橘Wの約倍じゃん。
でもそっち、九州の玄関口だから本州に近いのは羨ましいねー。
長崎なんぞに住んでいたらほんと引きこもってしまって。
Bianchi
2013/12/20 16:21
Bianchiさん>
ぎんさん、生きては帰らないかもよ。
世の中好き者がたくさんいますね〜
kimi
2013/12/20 18:29
あずきさん>
さくら道は選考がむつかしいらしいですよ。参加できるだけで名誉だって。
是非出て!
kimi
2013/12/20 18:31
完走が難しいのはわかっていましたが、選考もきびしいのですね。でも40代のうちに出たいです。来年はもう締め切られてるから、実力が伴うかどうかは別として早くて再来年ですね。
がっつさん完走してますよね?
あずき
2013/12/20 21:56
さくら道?
チト調べてみるか。
Bianchi
2013/12/21 09:33
おー。
これも本州を横断するコースなのね。
凄いなーがっつさん完走してるの?
師匠が完走した新潟の海から山のてっぺんに登るのはあれ何だったかな?
Bianchi
2013/12/21 09:57
あずきさん、さくら道の選考通ると思いますよ。いくつか選考基準になってる大会があるけど、橘湾岸もそのひとつだから。
さくら道の選考がきびしいのは、ネイチャランのほうで、がっつさんや縞猫さんが常連みたいですね。
あと、海宝さんがやってるさくら道遠足もありますよ。こちらはぽん哲さんが完走してますよ。これは誰でも(というわけにはいかないか)出れるんじゃないかな。
たこ
2013/12/21 10:41
あずきさん>
ネイチャーランの方だって。
たこさん詳しいよねー。たこさんもウルトラ好き、変態体質なんだ。がっつさんネイチャーもいいタイムで走ったみたいです。
・・・やっぱ思うにあずきさんはウルトラ向きですよ。
フル志向の人はそういうレースに出たいと思わないもの。日本の・・いや海外でも面白そうなレースにどんどん出てくださいよ。
kimi
2013/12/21 12:05
Bianchiさん>
立山登山マラニックね。
これ今年が最後の大会だったのね。でも悪天候のために中止になったもんだから来年もまたやるらしいです。私は今年選考で撥ねられました。(ー_ー)!!
kimi
2013/12/21 12:07
たこさん>
これこれ、どれか変態レースに出てみようかとか思ってないでしょうかねー。
・・・・・んんん、その時は私も誘って!一緒に行きましょう。
kimi
2013/12/21 12:08
たこさん。
走るならネイチャーの方と思っています。
あれこれ調べてみると僕くらいの走力の方でも受かってますね。とはいえサブ3、サブ9〜10に加えて200`オーバーの経験ありってのが基準っぽい感じ…
取り合えすダメもとで来年申し込みます。

ところで海宝さんってなんか聞いたことありますね。
宮古島とかでなんかやってなかったですか?
あずき
2013/12/21 13:16
kimiさん。
時間とお金があれば世界も…って思ってる人多いでしょうね〜
たとえばスパルタスロンとか。これは出場要件満たしてるし。
…そういや、がっつさんこれも完走してますよね?
あずき
2013/12/21 13:25
あずきさん>
がっつさんはネイチャーもスパルタスロンも完走してます。
今度どこのレースがいいか聞いたらいいよ。
kimi
2013/12/21 17:08
すんげーなーがっつさん!!
そうそう、調子悪いとかいいながらサクっとW完走するくらいのレベルだからねー。
こりゃまだ当分結婚はお預けですなーww
Bianchi
2013/12/21 23:36
Bianchiさん>
そうだよね〜。Wのとき出るとか出ないとか迷ってたのになんてことなく、しかも結構いいタイムで完走してたよね。
根性の男だな。
いい嫁いないかね〜。
いい人なのよ。
kimi
2013/12/22 15:57
いやいや、いい人ちゅーのはわかっていますが。
結婚ってなんか麻雀でいうところの時の運と引きの強さみたいなものが必要じゃん。
こればっかりはねー。
Bianchi
2013/12/22 17:46
Bianchiさん>
引きの強さねー。
これといった人に巡り合えたら頑張るでしょ。いい出会いのある年になってくれたら、と思いますよ。
kimi
2013/12/24 14:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
長野マラソンの宿 kimiのルンルンルン♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる