kimiのルンルンルン♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS スピード

<<   作成日時 : 2014/12/10 14:10   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 29

12月8日(月)


今週からの子守が忙しい。

もともと午前中、一番下の子を預かる予定だったのに加えて、上の幼稚園組2人が風邪ひいて、自宅療養。

1人のところが3人一緒に見ることになった。


女の子3人いると姦しい。・・・「姦しい」とはよくできた漢字です。

夕方になってやっと解放され、夕飯後に走りに出た。

久しぶりに、お勤めをしていたころによく走っていた夜の定番コースの長い方を走る。

画像



自宅〜則松〜上津役〜黒崎〜3号線 20Kコース。

明るくてライトいらずで走れるので安全。


帰り着いたら10時過ぎていた。


少し前までは毎日この日課をこなしていたんだな〜、とすっかり無理のきかない身体を嘆く。


それでも結構いいペースで・・5分少しで走った。


走行距離・・・20K




12月9日(火)



今日も2時まで子守。

そのあと早々に食事の準備をして、今日は食事前に走った。 本陸


T添さん、あずきさんと久しぶりに走る。

リハビリでゆっくりしか走らないというにもかかわらず、跳ばすお二人。

よー走っても4’30までだちゅうに4’00切りそうなくらいに上がった。


50日ぶりの4’00のスピードだった。

鍛えられた。…いじめだったかもしれない(・_・;)



走行距離・・・13K




12月10日(水)



今日は次男ちはパパがお休みなのでやって来ない。


では朝から走りましょうと、河川敷に行った。

風がやや強かったけれど、風も練習のうち。

走ろう会おじさんも500インターバルにやってきていた。


今週から少しスピードアップの予定だというと、無理せずBUで行くといいよと言うので、10K上げていくことにする。


が・・・昨日本陸でスピードを上げてみた感覚が残っていたのか入りが速い。(予定4’40くらい)

4’20くらい。…あー、今はまだこのペースでは10Kも無理っぽい。

でも仕方なくそのままいけるとこまで走ってみる。


5Kも走ると、早くもギブアップしたくなってきた。

でも走ろう会おじさんもまだ走っているし…ここで止めたらなんと根性なしだと思われるだろうな…とかウジウジしながらヘロヘロしてなんとか走り終えた。

結果はペースは落ちることなくいけたものの、まだまだあと1歩どころかあと3歩くらいだな・・・


地道にコツコツですかな。


走行距離・・・16K



久しぶりの猫ネタ。


すっかり寒くなってもっぱらお気に入りは細いテレビの上。

画像


肥満体の身体を絶妙のバランスで横たえているわけだけど、2.3日前尻尾の付け根が剥げているのを発見した。

特に痒がるわけでも痛がるわけでもない。

よーく見ると細い画面の縁にちょうど当たるところ。

きっと擦れたか低温やけどかもしれない。

画像


ここんとこ。


本人もあんまり気にしてないからいいけど・・・


このチエちゃんヒマラヤ土産のヤクさんのカーペットがお気に入り。

画像



ヤクさんが4個つなぎになってるカーペットだけど、その日の気分ですわり場所を替えながらちょこんと座っているのがカワユイ〜のです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
僕はペース合わせてただけです。
疲れがあったのでノンビリ走りたかったですが、鍛われました。

ところでBianchiさん、顔出しませんね。
寝込んでるのかな…
あずき
2014/12/11 07:44
あずきさん>
いえ、いじめられた!
あ、兄いは転んだりぎっくり腰したり老化が進んでます。
kimi
2014/12/11 08:39
そういやちょっと前にface bookにぎっくり腰の事書いてましたね。超頑丈そうですけど。

寄る年波には勝てぬ… ですね。
あずき
2014/12/11 14:19
コラコラ、おめーらちょっと顔出さぬととたんによってタカって・・・(笑)
だいぶ腰いいですが。
さすがにまだ運動できないんだよねー。
Bianchi
2014/12/11 14:41
あずきさん>
頑丈そうに見えても年が年だからね〜。
目の方も悪くなってるみたいよ。
kimi
2014/12/11 20:24
Bianchiさん>
兄い、無駄に腰使い過ぎてるんじゃない?
kimi
2014/12/11 20:24
コラコラ師匠。
みずからシモネタかい!!笑
Bianchi
2014/12/11 22:08
Bianchiさん>
最近人格が変わってきた。
kimi
2014/12/12 13:35
凄いなー。
ヒマラヤ効果かな?
有名なK2なんぞあるけどあれぜんぶ山頂なんでしょ?
つーことは訓練つんだプロでないと登れないよね?
Bianchi
2014/12/12 16:03
Bianchiさん>
K2って世界で2番目に高い山よね。ロールワリンのロッジで一緒になった女性のシェルパのガイドさんが女3人で登頂に成功したって言ってた。凄いね。
でもプロの登山家ってあんまりいないんじゃない?ヒマラヤの山登るのって凄くお金がかかるから、普段一生懸命働いてお金貯めないと。
エベレストなんか700万とか言うよ。
kimi
2014/12/12 22:05
んー!!
やっぱ凄いな。
で、K1ちゅーのはやっぱエベレストなんだよね?
あ、現地読みでチョモランマかな?
でも、なぜかK2の方に魅力感じるわたしはやっぱひねくれ者?
Bianchi
2014/12/12 22:42
Bianchiさん>
K2のKはカラコルム山系のKらしいですよ。
順番に1.2.3.…ってつけていってK2だけそのまま名前で残ったそうな。
確かに私もその難易度からして魅力感じるなー。
kimi
2014/12/13 15:19
ひゃー!!
K1がエベレストとばかり思っていたらまったく違った。
カラコルム山脈系のKだったんだねー。
K2やっぱスゲーわ!!
・・・中国側(北側)からアプローチするのは困難なため、ほとんどの登山者はパキスタン側からアプローチをする[1]。登頂の難しさでは世界最高峰のエベレスト(標高8848m)よりも上で、世界一登ることが難しい山とも言われる。その理由として、人が住む集落から離れていることによるアプローチの困難さ、エベレストよりも厳しい気候条件、急峻な山容による雪崩、滑落の危険性などが挙げられる。K2登山に関しては一般的なルートでさえ、エベレストのバリエーションルートに匹敵するといわれる。これらの困難さから、冬季における登頂は未だ達成されていない。2010年までの時点で、エベレストの登頂成功者は延べ5104人だが、K2の登頂成功者は延べ302人である[1]。遭難者の数も多く、統計によっては4人に1人が命を落とすと言われている[1]。チャールズ・ハウストン、ロバート・ベイツ共著の書籍から「非情の山」と呼ばれる[1]。・・・そのシェルパさん凄いじゃん!! しかしソコまで危険おかしても登らんでいいわー。
Bianchi
2014/12/13 16:19
Bianchiさん>
そのガイドさんもアプローチが大変だったって言ってた。
勿論パキスタン側から入って川は黄色に濁っていて飲み水にならないし、気温が42度くらいあったって。
麓までのトレッキングが凄すぎて、クライミングは楽だったって言ってたけどね。
kimi
2014/12/13 22:33
ヒエー!!
すごいな。
もひとつ、ゴミの問題があるってよ。
持ち込まれる装備とゴミ

4人程度のアタッカーに必要な装備は、2011年のゲルリンデ・カルテンブルンナーの北稜登攀のケースでは、無酸素であっても総重量2.2tに達する(酸素ありの場合は酸素ボンベが加わるので更に重量が増える。食料として500個以上の鶏卵なども含まれる)[1]。一方で他の山と同様にゴミも問題となっている。雪崩のためにK2登頂を断念した写真家のトミー・ハインリヒは、余った時間を利用してK2に廃棄された800kgの登山家のゴミを回収した。氷河の一つの場所だけで390kgものゴミが回収された
・・・確かにゴミ残していくのは人間だけだしね。
Bianchi
2014/12/13 22:57
Bianchiさん>
それはK2に限らずエベレストなんかものすごいらしい。
勿論ゴミ置いて帰るのも当然悪いけど、命賭けて登って命賭けて降りてくると要らなくなったボンベや食料やテントや衣類なんか持って帰る気にならないくらいの極限になるらしい。でもそれも言い訳よね。汚物なんかも持って帰らないといけないみたいよ。
kimi
2014/12/13 23:54
そーなんだよね師匠!!
登山映画なんてきれいどころしか描いていないけど。
実際は排泄物だって永久に凍結してしまって自然分解されないわけだからそりゃもう溜まる一方でしょー!!
ソレ考えたらやっぱ生物が足踏み入れたらいけないところなのかもね。 うんうん。
Bianchi
2014/12/14 12:13
Bianchiさん>
それそれ。
8000mの山は神様の住処だから人間は入っちゃいけないのよ。バイオトイレ作れる高さまでにしましょう。
kimi
2014/12/14 19:40
おおお!!!
さすが師匠わかっていらっしゃる!!
俺たちが橘湾岸の最後のへんで雨具捨てるのとはわけ違うしねー。
やっぱ自然は大切に。
Bianchi
2014/12/14 22:53
Bianchiさん>
しかし、目の前にそびえたつ山を見たら、あの頂点からの景色を見てみたいと思う気持ちもわかる。人間の欲望のサガね。
kimi
2014/12/15 10:35
やっぱ鳥オンリーしか入っちゃいけないんだろー。
って乱気流激しいから鳥も厳しいかな?
Bianchi
2014/12/15 10:54
Bianchiさん>
そういえば5000mには鳥がいた。
渡り鳥って結構高いとこ飛ぶでしょ。
酸素足りるのかな。
kimi
2014/12/15 14:23
うーん・・・
5000mに鳥ねー。
太古の恐竜が姿変えたのが鳥類と言われているからねー。
ちなみにうちのカメレオンもメチャ恐竜っぽいですよ。
爬虫類&鳥類、酸素あまり必要じゃないみたいです。
中国では特製スープつくるために首切り落とされたコブラが30分後に料理人に噛み付いたちゅーニュースがありますので。 すくなくとも哺乳類の感覚で接するとえらいしっぺがえし食らいそうな・・・
Bianchi
2014/12/15 22:36
Bianchiさん>
カメレオンって恐竜じゃないの?
動物ネタで言うならば、うちのクウちゃん、寒くなって以来ほとんど家の中で寝てますが、これはもう冬眠というのではないでしょうかねー。20時間以上は寝てる。
kimi
2014/12/16 16:00
?????
・・・師匠、恐竜が絶滅したってことは知ってるよね?
恐竜は爬虫類に一番近いんだけど。
子孫は鳥類つー説もあるし。
まあ、コモドドラゴンとかワニの仲間はモロ恐竜だけどね。
カメレオンもそういった意味ではミニ恐竜だよ。
Bianchi
2014/12/16 20:09
Bianchiさん>
それは知っております。私もカメレオンは大好きで、一時本当に飼ってみようかと思ったくらい。でも形態は恐竜みたいですよ。恐竜は冬眠するのかねー。
kimi
2014/12/17 09:51
おお!! これは師匠もカメレオン好きなんぞ嬉しいなー。 冬眠はしませんよ。 診療所、鉄筋だから夜もソコまで寒くならないし。 エボシカメレオンと言って寒さに強いカメレオン入門編なんだ。 馴れてきたらジャクソンカメレオン(トリケラトプスみたいに角が三つあるやつ)などにも挑戦してみたいね。 捕食シーンがなんと言っても最高!! そーっと近づいて長い舌で一瞬で釣り上げて丸呑みするんだよ。 恐竜が住んでた時代って常夏みたいな気候だったんでしょ? だから冬眠ってなかったと思う。
Bianchi
2014/12/17 10:37
Bianchiさん>
なるほど〜。
あと、フクロウが買いたいな、って思ったんだけどエサが冷凍ネズミと聞いて無理だと思った。カメレオンちゃんも生き餌を食べないといいけどなー。
kimi
2014/12/17 14:33
おーーー!!
フクロウ!!!
ギリシャ神話の戦いの女神アテネの使いね。
そうそう、エサ冷凍ネズミ。
このために冷蔵庫一台いるそうな。
爬虫類の飼育はエサの飼育でもあります。
ヨーロッパフタホシコオロギをベビーから大人まで常時500匹ぐらいは飼育しております。
Bianchi
2014/12/17 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
スピード kimiのルンルンルン♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる