kimiのルンルンルン♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 球磨川の尺鮎

<<   作成日時 : 2015/10/13 13:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

10月11日(日)


楽しみな楽しみな球磨川大鮎(尺鮎)を食べに行く旅をやっと数年越しに決行した。


ここ数年、行こうという声は上がるものの昨年は台風で目的地が避難勧告。

その前はやはり水害で大鮎が取れない…などなど実行できないままだった。


今回、やっと実現した。


走ろう会のおじさんたちM田ママと7人でGO!

早朝スタートしたが、ちょうど筑後川の陸橋を通過するときが8時過ぎで筑後川マラソンに参加する人影がしっかり見えた。

がんばって〜〜〜〜!



ひとまず人吉に入り、真面目に観光。…おじさんNが案外几帳面でしっかり観光ルートを作成していた。


球磨焼酎、「繊月」蔵めぐり、武家屋敷、おくんちでにぎわう青井阿蘇神社、幽霊の絵がある永国寺、人吉城歴史館などなど典型的観光コースを一巡。

画像


永国寺…ホレホレ敵の耳、千数百人分をそぎ落としたってよ〜〜〜〜




その後、球磨川を下り「吉尾温泉」に到着する。


画像



ここはとにかく鄙びて、ま〜たく、な〜〜んにもないところ。釣り人の定宿。でも泉質は素晴らしい。

でもすんなりとは夕食にはありつけず、走友会の観光合宿だからしっかり走る。


画像



ランパン1丁のおじさんNといい年したおばさんが、人家も無いような山の中でむきになって走る姿を、時々出没する人家のおじいさんおばあさんが、何事かと、振り返ってみる。


おじさんNは先日の30K未遂ペーランの敵を討とうと、私に盛んに仕掛けてきてはペースを上げまくる。
私的にはしんどくてたまらないものの、こんな山中に置き去りにされてもな〜〜と必死について行く。

・・・たわいないバトルの後にものすごく気持ちのいい温泉で疲れを癒す。極楽極楽・・・。


夕食の大鮎:

画像


写メでは大きさがわかりにくいが、とにかく大きい!

このアユの塩焼きとの格闘にしばし全員が静かになった。

画像


画像



宿では夜なべでアユ釣りをした漁師さんが、釣った鮎を持ち込んでいた。


その量たるや・・・

なんでもこの日が今年で一番の釣果だったらしい。




翌日、早朝練習。

まだ暗いのに、またもやおじさんNに追い立てられ・・・球磨川を下って、ダムまで行ってみた。


画像




その後は、私は行ったことがなかった五木村や五家荘…平家の里を再び観光。

画像


画像


すごいとこだった。

山また山、深い谷、それでも川辺ダムに付随して整備された道路があるのでまだしも、山深い!


本当に900年前、平家の落人たちはこの山中で住暮らし、今に至ったのでしょうかねー。


数百年前のホンとか嘘か知らないけれど、ロマンを堪能しておじさんおばさん観光旅行は楽しく終了した。


楽しかった・・・・でも疲れた・・・


走行距離・・・38K(2日分)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おおおーーー!!鮎!!
Bianchi
2015/10/14 10:56
Bianchiさん>
後ね、川ガニと猪鍋が出たけど、特に猪鍋は下処理が上手にしてあって全く臭みがなくておいしかった。
kimi
2015/10/14 15:03
へー。 川ガニっておいしいのかな? あのドブにいる背中が赤いちっこいやつ?
Bianchi
2015/10/14 16:54
Bianchiさん>
ドブにはおらんやろ〜。
両脚の端までの長さが20センチくらいかな。
味が濃いくて美味しかった。ちと食べづらいけどね。
kimi
2015/10/14 18:25
ありゃ? そんなにデカいの? そりゃ知らんかったー。
Bianchi
2015/10/15 08:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
球磨川の尺鮎 kimiのルンルンルン♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる