kimiのルンルンルン♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ダメージ  復帰

<<   作成日時 : 2018/05/18 14:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

5月16日(水)


超ロングからのダメージを抱えてこの数日、なんとか復帰できそうなので、長く走ってみることにする。

まだスピードアップの自信はない。

故障というダメージは腸脛靭帯炎だけだけれど、内臓疲労やらで、身体全体の力がまだまだよみがえらない。


ラン友のお勧めに従って、直方 谷尾美術館『鋤田正義写真展』を見に行くことにする。



調子よければいつもお参りする庚申塚のお地蔵さん参りにも行こうかな。


今回は遠賀川沿いではなく、鞍手周りで福北ゆたか線に沿って行ってみた。

暑いのもあってすごーくしんどい!


『鋤田正義写真展』

画像


画像


すばらしい!

誰もが一度は目にしたことのあるデビッドボウイのジャケット写真イギーポップのど迫力写真

とにかくカッコいい!

ロックンローラーはかっこよくなくっちゃね!!


それと裏腹に50年前くらいの直方の風景、鼻水を垂らした子どもらのいる風景。

原点の日若踊り出る母親の姿。

よかったですね〜〜。

ちょっと感動してしまった。


ひとしきり感動してしまったら走る意欲がシュルシュルとすぼんでしまったので、デンチャに乗って帰宅。


カッコいいもの見てしまったことはよかったけれど、しっかり走れるようになるのはまだまだ先だな〜と思ってしまった。



走行距離・・・15K+2.5K(東水巻駅から自宅まで)



5月17日(木)


ビジョガーY田さん頓田を走る。

・・・というか歩く。時々走る。・・・いや走ったほうがいくらかは多い。


それでもいつもは3周は回れるが、今日は2周で終了。

私はもちろん、彼女も少々疲れ気味。


走行距離・・・12K



5月18日(金)


昼から雨が降るようなので多分ボラは中止だろうと、朝走る。


全く元気のない走りで、そろそろ走り出さないといけんやろ〜^と心の声が訴えるので、、頑張ってみた。


自宅〜高須〜本陸


昨日テレビで「サブ4を目指して・・」なんとかという番組でキロ5分半6Kのペース走をやっていた。


まあ、いくらなんでもサブ4は来季も行けるだろうとは思うものの、こんなチンタラ練習をしていたらそれもおぼつかないぞ!と本陸まで8Kを5分半で走ることにする。

ロードでの5分半JOGは結構しんどい。

けどさすが5分20で行けた。

やっと通常のように走れるようになってきた。


超ロングからの復帰は2週間かかったことになる。


膝の腸脛靭帯炎は勾配のきつい下りはまだちょっと違和感あるからもう1週間、3週間かかるんだな。


そうこうしていると梅雨になり、梅雨が終わると猛暑がやってくる。

ランナーにとってはこらえどきの季節となる。



走行距離・・・18K

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん・・・なんかいい文章だ。

あ、昨日は橘湾岸の身内の打ち上げでした。

あいあい夫婦、北さん、ゆりこネエさん、ぽん太さんが登場!
Bianchi
2018/05/19 09:53
Bianchiさん>
あいあいさんがあいあい旦那とカメレオンちゃまのツーショット送ってくれてました。
私も抱っこしたい!
kimi
2018/05/19 10:39
あっはっは!! あいあい♂も結構気に入ってくれた。 お、これはかわいいかも? つー反応。
Bianchi
2018/05/19 13:50
Bianchiさん>
今度橘のとき早めに行ってカメレオンちゃんにご挨拶します!
kimi
2018/05/19 15:04
師匠、生き物全般大好きだもんねー。 ヘビとかも大丈夫なの?
Bianchi
2018/05/19 16:30
Bianchiさん>
毒ヘビじゃなければ大丈夫だと思う。
いきなり出てこられると驚くから、ヘビ出まーす、と言ってくれたらOK!
kimi
2018/05/19 20:26
あーそれ非常にわかる!! ワシも突然遭遇するとビックリするし。 

じゃあ、ムカデ&ゲジゲジは?
Bianchi
2018/05/20 17:50
Bianchiさん>
刺したり噛んだりするのは拒否!
自分のテリトリーを越えるものは即殺処分!
私の家の外にいるものはその範囲には入らないけど。
kimi
2018/05/20 18:23
なるほど。
それならこのビミョーな立ち位置の奴らは?

蟷螂、カミキリ虫、マイマイカブリ、ハンミョウ

・・・師匠、ワシが今までに上げた虫のなかで。
こいつが居ないと虫が半分以上死に耐えるであろうと言われている虫がいるんだよ。 この昆虫界の救世主みたいな奴はどれだかわかる?
Bianchi
2018/05/21 08:52
土曜日はかなり元気そうな走り方だったので、目の悪い僕でも遠目にすぐkimiさんだと分かりました。

僕もようやく走れ出した感が出てきたのでラン比率を上げていきたいと思います。
あずき
2018/05/21 12:53
Bianchiさん>
ようわかりまへんがカマキリさんですかね。
卵たくさん産んでくれますからね。
kimi
2018/05/21 15:36
あずきさん>
ちょっとヘロヘロを見られてしまいました!
けどあれを境にずいぶん走れるようになってきました。
あずきさん、早々に秋の100Kエントリーしてましたね!
しっかりサポートしますよ〜。
徐々に練習強度上げていってください。
故障しないようにね。
kimi
2018/05/21 15:39
ちがーーーーーーーう!!!

正解はカミキリ虫でっせ。 

こいつらは幼虫でも成虫でも強い顎をもち木の中とか木の表皮でも簡単に穴あける。 よって樹液が出てくるつーわけさ。
カブトムシもクガワタムシも蝶も蛾もススメバチも樹液のありつけるのはこいつらのお陰というもの。
Bianchi
2018/05/21 16:23
Bianchiさん>
ほほう、なるほど。
私はハンミョウがいいな。
綺麗だし、毒ありそうだし。
kimi
2018/05/21 17:44
ほう、ハンミョウを知っているとは。 やっぱフツーの女子とは違いますなー。 英語名 Tiger Insectねー。 バリバリの肉食ですなー。 キレイだけど毒は無いよ。
Bianchi
2018/05/22 08:55
Bianchiさん>
うち、息子がチビの時虫好きだったからよく虫探ししましたよ。
オサムシ、シデムシ、マイマイカブリ、カミキリ虫なんかたくさん家の近くにやってきてた。
クワガタもきたことある。タマムシかハンミョウかどっちかもきたね。
今はカナブンくらいかな。
kimi
2018/05/22 11:02
ほう、それは素晴らしい。

虫はいいよねー。 独特の世界を持っている。

うちのマンションも裏が山だから。

これからの季節はクワガタムシがよくやってくる。

定番のノコギリクワガタがメインだけど。

時々ミヤマクワガタもやってくるねー。

やっぱミヤマクワガタは手足長くてカッコいいわ。
Bianchi
2018/05/22 11:31
ありゃりゃ。 ダブルでアップされちまった。 師匠、ひとつ消しといてねー。
Bianchi
2018/05/22 11:32
Bianchiさん>
うちも裏が山だから虫がたくさんいるけど、最近はあんまり来なくなってきた。ムカデはひと夏に10匹くらいやってきてたのが最近は1,2匹になった。自然が少なくなってるんでしょうかね。
kimi
2018/05/22 13:06
それは言えているねー。 危ないとかいう理由で溝川とは全部舗装されてしまって蓋までかぶせられているしね。 今や玉虫とかオニヤンマはほとんど見なくなった。
Bianchi
2018/05/22 14:10
Bianchiさん>
子どもの頃よく青虫を採ってきて、蝶々になるまで育てたものだけど、今キャベツ畑は農薬撒いてるので青虫がいない。ざんねんねー。
kimi
2018/05/22 22:35
すんげー師匠!!

それ完全に男子の趣味やん。

素晴らしい。
Bianchi
2018/05/22 23:06
Bianchiさん>
え〜、そうお。
世代が一昔違うからじゃない?
いや、うちの姉はやってなかったなー。私だけか。
蝶々になったら脱脂綿に砂糖水含ませて2,3日飼ってから放してた。懐かしいなー。
kimi
2018/05/22 23:45
そっかー。

師匠の頃は鬼畜米英とかいってまだアメリカと戦っていたからなー。 うんうん納得。
Bianchi
2018/05/23 09:31
Bianchiさん>
あら、時代が進んだね。米騒動じゃなかった?
kimi
2018/05/23 20:19
あちゃー。 

その突っ込みは覚えていたかー。

やられた。

しかし、鬼畜米英って凄い言葉だよねー。

今はほんと笑える。
Bianchi
2018/05/23 21:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダメージ  復帰 kimiのルンルンルン♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる