告白すると・・・韓流

1月18日(火)


お仕事帰りに、小倉のヤマ先生のところで電気ビリビリをやってもらった。

月末のレースの調整も一区切りなので。

ご飯を食べたら久しぶりに転寝をしてしまった。

目覚めたら10時前だったので、ランをあきらめたざんねん・・・だけど身体を休めるのも練習なので納得しながら…


で、ランネタ以外のお話し。

ちょっとカミングアウトすると・・・

わたしには韓流好きの友達が大勢いて、時々半ば強制的に一抱えのDVDを持たされることがある。

誓って言うけれど、わたしは決して韓流好きではないが、しかしこれが見始めると途中で止まらなくなる。
生活に支障が出るのよね~。


今、「王と私」(だったと思う)というのを持たされている。
年末から持たされていたけれど、忙しくて中々封切る勇気がなかったのだが、やっと一昨日から見始めた。
もちろん朝鮮の時代劇もの。

中国の「宦官」に当たる「内侍」の物語。
「へえ~」という目新しさがあって結構面白そうよ。

でもこないだ浅田次郎「蒼穹の昴」を読んで中国の歴史物にも興味津津。

伴野朗「乾隆帝暗殺」を寝る前に読んでいる。

中国と朝鮮。
少し頭がごっちゃになりそうだけど、同じような文化の経過をたどってきたことが分かる。

昼間は朝鮮、夜は中国。
あわただしいことです。

Bianchiさんの要望により・・・

画像


我が家の老体ミシン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Bianchi
2011年01月19日 09:15
今、BSで蒼穹の昴あっているんでしょ?
かみさんがみてるよ。
オレも原作読んだ。
長いんだよなー。
これが。
kimi
2011年01月19日 11:09
Bianchiさん>
テレビは見てないけど、原作は面白かったね。
中国4000年の歴史、立派な文化と伝統を持っている国なのにな~
Bianchi
2011年01月19日 12:56
あの宦官になるための手術のシーン、メチャ痛いよねー。
あれ、絶対切腹して首切られる方がましだ。
あ、ナナさん、暇な時でいいからミシン見せてねー。
30年前というとかなりの骨董品だね。
うちの母が足踏み式ミシン使っていたのをよく覚えているよ。
ペンチ
2011年01月19日 17:59
 Bianchiさん、何を縫うのですか~!?...。

 まだまだ寒いですが‐こちらは最低気温が4~5℃くらいになってきました...。夜の9時過ぎてからは気持ちを入れないと走れたもんじゃありませんわー、川から吹き上げる風は“走る気”(←そんなに無いけど^^;)をも凍らせます...ビリビリ‐パリッ!!。
kimi
2011年01月19日 23:44
ぺんちさん>
天気予報を見る限り、日本の中で沖縄を除き、宮崎が一番暖かそうですよね。北九州、福岡が暴風雪のときでも唯一晴れマークで↓。
ペンチさんちは宮崎のどのあたりですか?地区で違いがあるのでしょうね。
kimi
2011年01月19日 23:51
Bianchiさん>
ミシンアップしたよ。
こうして見るとすごい老体!
水平ガマでもないし自動糸通しでもないし・・・
とってもクラシックです。
ペンチ
2011年01月20日 09:28
 宮崎県は日南市‐です!...広島カープのキャンプ地。 実家は宮崎県の最南端‐都井岬(手前の漁師町)。会社は国道沿いの山中にあります。
 南郷町は西武ライオンズ、宮崎は巨人とソフトバンクでこれから盛り上がりますが、きっかけがないとなかなか観に行かないですね~^^...ペナントの試合が見たいです。 まだ今日が大寒‐なんですね~~、まだまだ寒さが続くのであろうか~~~!?。
 ...で、何縫うんじゃろう~~~!?。
kimi
2011年01月20日 10:25
ぺんちさん>
都井岬って野生の馬さんがいるところですよね。昔一度行きました。すごく暖かでいいところですよね。
Bianchiさんは『診療着のほつれの修理。
あとランニング用グローブのゴムバカになったところの付け替え。
他にもイロイロ。』
だそうです。
ペンチ
2011年01月20日 12:46
はい、海と岬の景観はいつ見ても綺麗ですが、なんせ何もありませんね~~^^岬の頂上から海の中に突っ込むようなジェットコースターとか造ったら...賑わうでしょうが、いつ行っても静か‐も、いいもんです^^。 昨年の元旦ランは都井岬往復しました...往復で14キロくらいです。
 ミシン...だいたい、肌に馴染んだ頃にゴムが伸びたり、ほつれや破れが生じますよね~~~、もったいないことです、僕もこの前、インナータイツのゴムを治しました...(自分の事は自分で‐です^^)。
kimi
2011年01月20日 12:54
ぺんちさん>
海に向かってのジェットコースター・・それいいですね~。
それより私は都井岬の馬に乗って島内一周がいいな。
Bianchi
2011年01月20日 14:20
お、ナナさん代弁ありがとう。

そうそう、今は修理がほとんど。
でもミシンってホント便利だよ。

ナナさんこれねー。
確かに年期はいっているなー。
すごく重そうだね。
ボビンはこの金属の裏にあるんだよね。
すごくセッティングしにくいのでは?
今のはホントよくできてるよ。
自動糸通しなんかションベンちびるくらいの衝撃だった。
これだけでも1万の価値あるとおもうな。
kimi
2011年01月20日 23:36
Bianchiさん>
これでもかつてはかなりの作品を制作してきた優れ物よ。
弘法筆を選ばず。
立派に事足ります。
Bianchi
2011年01月21日 08:50
いや、わかるわかる。
自分の手に馴染んだ道具は最高だよ。
何事にも替え難い。
kimi
2011年01月21日 16:20
Bianchiさん>
とはいえ新しいのが欲しい気持ちはあるのですけどね。

この記事へのトラックバック