滝ドボン

8月16日(金)



今日から走り始めた。

でもゆっくり、1K走って500M歩く。

なかなかいい調子。

1K走って・・・が少しずつ長く走って、でも用心してやっぱり歩いて。


結局17K走った。

IMG_3854.jpg

芦屋から若松にかけて海沿いをぐるり。

乗馬クラブの馬さんをしばらく鑑賞。

きれいな脚に見とれる。

でも馬さんは足を故障してしまうと安楽死が待っているのかな。

いくら走れなくても安楽死よりはましか~。


IMG_3855.jpg


芦屋のはまゆう群生。ちょっと遅い。


走行距離・・・17.5K



8月18日(日)


笹栗ラン&滝ドボン&BBQに行ってきた。

南蔵院~鳴淵ダム~萩尾分校  12Kちょっと走ってBBQ.


楽しすぎ!

68758155_2361182777329457_3858440697073893376_n.jpg


ここに来たらやっぱりこのポーズ


68489087_2594197017305571_7723657001409970176_n.jpg

67953126_2104402539661130_4803250643684818944_o.jpg

今日はちょっと気温が低めなので冷たいけど気持ちいい。


69459917_2361183460662722_4554851420574056448_n.jpg

メニュー豊富で食べ放題。


腹いっぱい!


まっちゃんとも一緒に走れて、ミネッちともたくさん話させて、一番良かったのは脚が元気に痛むことなく走れたこと。




このまま走りこめるようになれますように・・・


走行距離・・・13K







空の下で・・・

8月14日(水)



しばらく走らない!!と決めて2週間。

夏休みは仕事が朝から一日中だということと、子守が休みの日に必ず入ることで走りたいと思っても走れない日が続いた。


お盆休みになって、時間ができるとムズムズ走りたくなるけれど、ちょっと歩いても痛くなりそうな・・・


すっかりあきらめムードではいたものの、台風が来る前にちょっと体を動かそうと、ウォークに出た。

背板の森経由、ついでに折尾の実家のお墓参りをしてきた。


走りたい衝動に駆られるけれど、走らない走らない。



台風前の炎天下、ひたすら歩き、歩きながら、やっぱり体を動かすっていいな~としみじみ感じ、今のように走る前の原点に戻ったような心境になった。


走り始めのころ、まだ子どもたちも学校に通い手がかかり、仕事もフルタイム、自分の時間など持つことができなかった。


ふとしたきっかけ走り始め、走る間だけは誰にも邪魔されない自分だけの時間!うれしかった。


なんというぜいたくな時間なんだろうと、はまってしまった。

初めて橘湾岸を走った時、きついのしんどいのというより朝から晩まで、ご飯の支度も仕事もなしで走り続けていいなんて、なんと幸せなことだろうと思った。


その気持ちは今も変わらない。

今故障中で思うように走れないけれど、考えてみればウォークでもこうして外に出て、炎天下、自分の好きなところに行けるなんでうれしいじゃないか。


速く走るとかタイムがどうとか順位がどうとか、そういったことは後から後からついてきた付録。

そう、原点に戻り自分の足で自分の生きたいところに行ける幸せを堪能しよう!


久しぶり体を動かすことができて、とっても幸せな私だった。


歩行距離・・・13K


合宿

7月24日(水)



しばらく更新してませんでした。


いまひとつ、くるぶしの具合がよくなくて・・・。(´;ω;`)


昨日やま先生のところで膝の注射のついでにくるぶしにも注射をブスリ!



これで少しは良くなるかと思いきや、変わらず。( ;∀;)


今日はビジョガーY田さんとゆっくりJOGして、芦屋のジャム屋さんももパフェを食べた。


IMG_3810.jpg

もも、てんこ盛り!  めちゃくちゃおいしい~。


梅雨が明けて昨日まで降った雨で湿度がムレムレ。

いたるところでキノコが出現していた。さあ本格的夏だ。


IMG_3808.jpg


走行距離・・・15.5K




7月26~28日(金~日)

熊本のラン友、Nさんに誘ってもらって会社のランニングクラブの九重合宿に参加してきた。


湯坪温泉

一日目は久住クロスカントリーコースをグルグル~。

足が心配だったけれどしばらく安静にしているし、注射もしたし、と楽観視し調子乗って走ってしまって3周目からは非常に痛み出した。


その後はゆっくりJOG。


こりゃ、明日は走れないかも。ととりあえずアイシング&シップで様子を見てみた。


2日目は飯田高原のクロスカントリーコース。

ここは久住のコースよりも坂の具合が優しくて走りやすい。


しっかりテーピングで足を固めるとなんとかJOGはできる。


午後からはお宿の近くのロードでインターバル走をやるというので、さすがにこれはパス。


7Kほど先の夢大橋まで走ってみた。


IMG_3821.jpg

タダなのでフェンス越し。

カントリーコースは芝でフカフカ、足に良いというけれど、足首には負荷がかかりゼイゼイいうくらいにしんどかったけれど、ロードは結構いい調子で走れる。


夢大橋から帰ってきたらちょうどインターバル走最後の1本をやっていたので一緒に走ってみた。


必死でペースアップしたので足の痛みをちょっとの間忘れて走った。


3日目、朝食前の朝練。 


これはNさんとのんびり


バンバン走るまではいかなかったけれども、一応ノルマはギリ果たすことはできた。


しかしながら、足完治まで1,2週間休足することに決めた。


今回湯坪温泉の民宿でお世話になったけれど、ここ、素晴らしく食事がいい。


量、質ともにとてもお値段からするとびっくり。


2日目はBBQ。

IMG_3823.jpgIMG_3824.jpg

豊後牛食べ放題。

食べきれない。

アユの塩焼き。うまい!

合宿前より太ったかもしれない。

お風呂も露天でいい。おすすめのお宿だな。



足完治までランはちょっとお休みしよう、と決めた。

ランを忘れないとのんびり足を休められないから。


走行距離・・・55K(3日分)

大島オルレ

7月15日(月)


三連休三日目は宗像大島を走った。

三男が魚釣りに行くというのでそれに乗っかって一緒に出掛けた。

IMG_3758.jpg

フェリーに乗って、25分くらいで大島着。


世界遺産に登録されて観光客も釣り客も多い。

三男を釣り場において、おとーさんと私は観光ラン。

おとーさんは電動アシスト付きレンタサイクルですけど。


IMG_3761.jpg

まずは中津宮にお参りして・・・

IMG_3763.jpg

大島灯台

そこから恐ろし気なヤブヤブの遊歩道を通って・・・

IMG_3775.jpg

風車展望台。

IMG_3766.jpg

大島の北側、韓国のほうを向いてるのかな。


絶景!

IMG_3780.jpg

運が良ければ沖津宮遥拝所のあけ放った戸から沖ノ島が見れるらしいけど、年に数回のことだとか。

今日もいいお天気だったけれど、遠くはかすんで見えなかった。

FireShot Capture 003 - Garmin Connect - connect.garmin.com.png

ほぼ島の周りを1周。

三男の釣果はヤズ1匹のみ。


走行距離・・・16K



7月17日(水)



明日からまた雨が降るというので、今日は長く走ることにする。


しばらく走ってなかった宗像の成田山回り


2019.7.17.png


暑かった~~~!

朝のうち風がないので蒸すこと!


さすがに成田山の登りを少し歩き、帰りのルートの海岸沿いでもしばらく歩いた。

まだ全然身体がゆうこと聞かないなー。


海岸沿いはお花畑。

IMG_3796.jpgIMG_3800.jpg

ヘロヘロで帰宅。


走行距離・・・36.5K








New PC

7月13日(土)


美女軍団で笹栗結願を目指して、笹栗88か所参り後半を走った。

前回のまっちゃん、Y田さんに加え、昨年前半のみ走っていたMayumiさんとKozueさんも参加して美女ばかり5人組、女性5人で大雨の中山中を駆け巡る。

前回に引き続き天気は雨模様。


それでも前回は昼過ぎから降り出したけれど、今回は家から出るときにすでに雨。( ;∀;)

迷うことなく決行!


3日目のスタート南蔵院から南側を回る。

2019.7.13.png


ジャンジャン雨にも負けず、しっかり頑張って走り、予定より早いペースとなる。




今回距離があまりないので若杉山の奥の院まで行こうかということになっていたが、いざ若杉山への登り口になって皆さんこの雨で二の足を踏む。

私は行きたかったけれど4体1で却下される。


無事結願できたのは12時ころ。


だいぶ早かった。

これで昨年からの借りを返すことができた。


もちろんずぶぬれを通り越して、プールの着衣訓練状態だった。


お疲れ様。

IMG_3750_LI (2).jpg

IMG_3745.jpg




7月14日(日)


雨が怪しいので畑の早朝練習はパスして、ランステの頓田練習会に参加した。


久しぶり~!

たまには参加しないと幽霊会員、忘れられてしまう。


雨がしょぼしょぼ降っていたにもかかわらず、10人以上集まって、みんなでランラン。


2週目はちょっと 上げて頑張ってみる。


くるぶしの具合を試してみた。

痛いけれども走れるまでには回復。

後ろから若者が無言の(いや結構しゃべっていた)圧がかかって、とっても頑張った。


3週目はさすがに自重。


ゆっくりJOGで終了。

結局雨はずっと降り続け、汗と雨でぐっしょぐしょ。

2日続けて濡れネズミ、そのうち身体からカビが発生するのではないだろうか。


やっと新しいPC君がやってきた。

今どきのPCはとっても便利で引っ越しも超簡単だった。

IMG_3756.jpg

やっとこのブログもPCから書き込めるようになった!

これから長い付き合いになります、よろしくPC。



走行距離・・・18.8K


あしの痛み

7月8日(月)

とても爽やかなお天気になったのでのんびりジョグ。

芦屋の海へ向かう。

芦屋の歴史を改めてお勉強する。

DF22411E-F510-47CC-8371-C77A2AF4A8B1.jpeg

F83239CC-83F3-46E1-9A4A-97273C6A4332.jpeg


59C4F56A-83A7-415F-998F-A2A4DDDB4994.jpeg

ふむふむ、なるほど。

IMG_3739.jpg

海風が心地よい。


足首、まだちょっと響く。


夕方、プレパトラン学研都市の中を走った。

新しい街なので歩道が広く、明るくて走りやすい。

ランニングやウオークの人も多く、いい雰囲気の街だな。


走行距離…17K



7月10日(水)

午前中ヤマ先生のところで膝の注射。
そこから走って帰った。

整形外科で診てもらった後で走って家まで帰るっていうのも如何なものか、と思わないでもないけれど寸暇を惜しんで練習に励む。

昨日走ってないので足が軽いし、くるぶしもかなりいい。

家まで18K、いいペースで走れた。

くるぶしは緩い登りで違和感がでるけれど、下りや平地はいいようだ。

もう少しの辛抱みたい。

走行距離…18K


畑早朝練習

7月7日(日)


七夕。

今日は織姫、彦星は会えるかな。


先週に引き続いて畑の早朝練習に参加した。


先週数週間ぶりに畑の山登りをしたら、最初の池の周りの3Kですでにものすごくしんどかった。

今日は・・・最初の3Kはいくらかいい。


坂を上り始めて・・・先週よりはましだけど、カーブ10まである坂のうちカーブ3あたりで既にヘロヘロ。

それでも前回よりは坂のラップはいくらか速くなってはいる。

今日は月初の日曜日なので河内を回る30K コースを走るらしい。

走りきれるだろうか…と大変不安。

脚がバラバラちぎれそうになるし、くるぶしは痛むし…

それでも最後まで走れるようになったのは回復していると喜ぶことにしよう。


先日注文したパソコンがまだ届かない。

なのでPCからの書き込みがスムーズにできずイライラ。

仕方がなく字が小さくて見難いけれどスマホから投稿する。


きっと誤字脱字が多くて有難いご指導があることだろうな。


心を和まずことも大事。

8F1FD32C-DE18-43E2-B521-47AFA08540E6.jpeg

ちえちゃんの寝姿。

走行距離…29K

ウスキキヌガサタケ

7月2日(火)


南九州の方ではひどい雨が降り続いてますが、大きな災害が心配ですね。

幸い北九州の方はそれほどの降りではないのでいいのですが。


煮え切らない空模様と私の脚の調子(くるぶし下の痛み)で今一つ元気が出ない。

こんなもやっとした日には、宗像城山きのこを見に行こう!と出かけた。


標高369Mの低山だけれど、海側に向かって4山、四塚縦走するとかなりハードな山となる。


正面登山口からいつもの階段の道もあきたっぽいので自然道と書かれた案内表示に沿って違う道を登ってみた。


・・・自然歩道とあるので、それなりの道があるかと思えば、ヤブヤブの木立をかき分けて登る直登みたいなコース。

やや湿っているせいもあってズリズリ滑りながら、ほぼ四つ這いになりながら這い登った。


きのこ鑑賞どころではなかった。

IMG_3696.jpg


頂上に到着すると他の登山者さんたちに階段からの道々にキヌガサタケが生えていたとの情報をもらって、下山はそちらから下りた。


どこかどこかと鵜の目鷹の目で探しながら行くと・・・


あった~~!

IMG_3700.jpg

ちょっと傾いではいるものの立派なウスキキヌガサタケ

黄色は珍しいんだってさ。

運がいい~!!


上りの這いずり上りですっかり足首が悪化しそうだったけれど、帰ってアイシングをしたら収まってきた。


夕方少しだけフツーに走ってみた。


7,8K位までなら何とか行けそうにはなってきた。


走行距離・・・12K

篠栗走り遍路

6月28日(金)

なんと2週間ぶりに走ってみた。

くるぶし下の痛みはあまり変化が無いけれどいくらなんでもちょっと走ってみる。

画像

画像
画像


久し振りの走り、遠賀の島津峯ヶ浦池公園ハスの花を見に行った。

満開!

極楽浄土にいる心地~。


ゆっくりなので5キロくらいまで、このハスの花辺りまではなんとか走れた。

それ以降はやっぱり痛い。

これは明日ヤマ先生のところで注射だな…と落ち込む。

…ふと、シューズの縁があたる辺りが特に痛いのに気づき,シューズの紐をユルユルスカスカに緩めてみた。



ほう、いくらか走れるじゃないか!

帰り5キロは痛みながらも歩くことなく走って帰りついた。


家に帰ってアイシング、湿布。


なんか治まりそうな予感。


走行距離・・・11K



6月29日(土)


篠栗88カ所参り、まっちゃんビジョガーY田さんと約束していたので走ることにした。


一昨日まで、いや昨日の昼までは無理かな~と断ろうかと思ったけれど、なんとか走れるかも、という気になってきた。

朝からあまり痛みがない。ような気がする。


一応、しっかりテーピング。


画像


二人にはゆっくり行ってね、とお願いし、痛むようなら即私はリタイアするつもり。


結果的には88箇所のうち54箇所で雨が降りだし、終了。

結願ならず、ではあるけれどお天気はよく持ってくれて3行程の前半まで回り、南蔵院までたどり着いた。


残り1行程半・・・15K位を残すのみ。


上出来。

上り坂を踏ん張り過ぎると少し痛んだけれど、後は大丈夫!


この88カ所回り、2行程半で累積高度1220Mとなかなかハードなコース。

札所で止まって脚を休めるのでそれほど過酷には感じないけれど、実はなかなかのもの。


よく私の脚は頑張った。


2週間辛抱してなんとか回復の兆し。


…きついのどうのとわがまま言いません、心を入れ替えてちゃんと練習します!と走りの神様に感謝した。



走行距離・・・38K

釣りをしてみた

6月23日(日)



先週、隠岐の島を走ってからなんとなくすべての調子が悪い。


体調はそれなりだが、左くるぶしの下が上り坂のときに痛む。


しばらくレースも無いのでここはリフレッシュと休足中


梅雨前のいい気候なので走りたい気持ちはやまやまなれど、ウジウジ走るよりキッパリサッパリ走りたいので我慢。

でもちょっとイラつく。



パソコンの調子が悪い。


今のを使いだしてどのくらいだろう、10年入ってないけど7,8年と言ったところかもしれない。


バッテリーが悪くなって交換。

次にアダプターが悪くなって交換。

すると今度はキーボードが変。

文字が入らなかったり、打っても無いのに「っ」がはいったり。

キーを1度打つと、2個も3個も文字が入る。


このブログをかくのもイライラしながら入力している。


そのほかにもおかしな動作が発生して、いきなりパケてしまうことがあったら困るな~。

ずーと悪ければそこを修理ということもあるけれど、それがまだらボケというか時々正気に戻って正常になるからかえって不気味。


ええ~い、この際買い換えようと、格安機種を三男に見繕ってもらい購入。


ところがクレジットカードの会社から、不正使用検知システムに引かかったとかで、カードを止められる。


もちろん怪しい購入ではないので再度クレジット決済を申し込まなければいけない。


なんか日々、うまく動かないときがあるようだ。



今日は畑の早朝練習は取りやめて、おじさんたち遠賀川でもと思ったけれど、しっかり走れるまで、走らないと決めて三男釣りにつきあうことにする。


神湊。


画像


画像





大島行きのフェリーの向かい側の堤防で糸を垂れる。

画像




天気は良いし、寒くもないし、風は気持ちいいし、何にも考えないし・・・


釣果は・・・

画像



すごいでしょ~。


わたしはさびきなので、ちっこい鯵ばかり。

一見デカそうなクロも・・・

画像


これじゃ夕飯のおかずにはなるまいと、帰りに道の駅でゲットしたカンパチと比べると可愛らし過ぎる。


まあ、気持ちのリフレッシュにはなったかな。


うちに帰ると、畑のメンバーさんから枇杷がたくさん届いていた。


食べきれずに無駄にしてもいけないとコンポートにする。


画像


本当はもっときれいな色に仕上がってます。


それにしても走らない日は実にいろいろなことができる。


隠岐の島

6月17日(日)



島根県隠岐の島のウルトラマラソンに行ってきた。


MayumiさんNaoiちゃんが誘そってくれて、軽く行く行くと言ったのが・・・


フルオフシーズンのお楽しみと思ったらかなりハードだった。レースも旅程も。


金曜日の夜10時車で出発。


真っ暗な中を延々6時間のドライブで(Myumiさんが運転だけど)早朝境港に到着。

画像



朝7時間開店の漁港のお店で海鮮丼・・・すごいボリュームのお刺身!

フツーに食べているとご飯が足りない、刺身が多すぎて余る。感激した!


すぐ近くの七類港から隠岐の島へ向けてフェリーに乗船するも、超満員!

徹夜で運転してきたにもかかわらず横になる隙間がない混みようだった。


隠岐の島が島根県辺りにあることは知っていたけれど、百数十の島からなるって知らなかったし、後醍醐天皇や後鳥羽上皇が流されたのが一番大きな島ではなく、お隣の島だということも知らなかった。

見どころもたくさんあるみたいで、またいつかはレースなしで観光で来たいものだと思った。

画像


隠岐そば・・・十割そば、ぶつぶつ切れている。



さてレース。


かなりアップダウンのあるハードなコースらしい。

累計高度1700~1800。

覚悟して走り出す。


アバラはやっとなんとか深呼吸できるようになったので大丈夫だろう。


それなりにマイペースで走り、半分のレストステーションまではよかったけれど、後半つづく小山のラッシュに閉口する。

まあそれなりで・・・と走り80K地点

キロ6分に6分ほど余裕がある。


・・・6分平均で20Kを走れば10時間切り出来るかも、と欲を出したのがいけない。

その後の10Kを懸命に走り、でもしつこいアップダウンにアフアフして90K地点。キロ6分は無理!


その手前85K地点で50Kの部出走の川内兄にあっという間に追い越される。


画像


ゴールの控室前で写メ。



残り10Kになって、すでにキロ6分では間に合わないし、この先もかなりの起伏があるのでここで10時間切りはすっぱり断念する。

ゆっくり残りのエイドを楽しんで走る。


しかしながら細かい起伏で走り込んでない脚はズタボロ!


まず左膝が痛みだし、それが収まると右脚股関節が痛くなり、それが収まると右足甲が痛みだし、それが収まると左足くるぶしが痛みだし・・・

痛いところのサイクルヒットだ~。


アバラの痛みが可愛く思える。

でも前に進むとゴールするんですね~。


一応

画像


これだけはゲット!



翌日のフェリーは途中寄り道するので4時間半もかかって堺港に到着。


画像

画像
画像



堺港はいたるところゲゲゲの鬼太郎さんだらけ。


帰りは夜8時ころには帰宅。移動が丸一日かかる。遠い。




この大会、沿道では島中の人々が応援に繰り出してくれて、もはや島を上げてのお祭り騒ぎ。


車いすのおじいさんも、おばあさんも小さな子供もみーんな一日中声を掛けてくれた。

おばーさんたち、「ありがとう」って言ってくれるんですねー。

こっちがお礼を言いたいのに。


応援はピカイチ、ナンバー1!!


これが人気大会の要因だな。

でもコースはハード過ぎる。


一日たって痛みが引いてくると楽しかった記憶だけが残っていく。


とても痛苦楽しい大会だった。

MayumiさんNaoiちゃん、連れて行ってくれてありがとう



走行距離・・・100K(ガーミンくんは99.8Kという)-10時間12分

ノリノリではじけてみる

6月7日(金)


その後アバラの痛みは横ばい

日常生活に支障があるほどではないけれど、走るには今一つ踏ん張れない。


家の周りをぐるっと回ってみた。


痛み止め&バストバンドなし。


後半7,8Kあたりから横腹が痛くなってくる。


それでも歩くことなく走れる程度にはなってきた。


走行距離・・・14.5K



6月8日(土)


今日は走らず、とある集まりで打ち上げ。


小倉のプロレス居酒屋なるところで開催された。


画像


画像



この方々はいったい誰なんでしょうね~~?




6月9日(日)



畑の早朝練習参加、の後皆さんとBBQパーティ。

肉食べて、採取してきた枇杷食べて、プリン食べて、ヨーグルトゼリー食べて、ノンアル飲んで、すぐ帰宅。


畑の長い下り坂はアバラに響いた。



昼から博多に出向き「BERRY GOODMAN」のライブを聞きに行く。


画像



職場の若いのに誘われ、ちょっといい曲歌うグループなのでつい付いて行った。


・・・中学生の孫が不良に絡まれないように引率する祖母のようなシチュエーション。


けど結構年齢高い人も、小さな子もいっぱいいて幅広い年齢層に支持されているグループだなー。

元気出る歌詞がついているんですよ。


久し振りに若目のノリでタオルをフリフリ、はじけてしまった~。


たのしかった!!



走行距離・・・17.5K




6月10日(月)


昼から仕事なので朝少しだけ走る。


昨日タオルフリフリが響いたのか、バストバンドなしで走るからなのかアバラが痛む

あそび過ぎかもしれない。


湿布すると気持ち良くて、効く気がするので昼間も貼っていたら、かぶれそうになってきた。


どうしようもないな~。


走行距離・・・12.5K


アバラの痛み

6月4日(火)


大崎から中一日置いて、走ってみた。


バストバンドをして痛み止めも飲んでいたけれど、あまり走れなかった。

半分走って半分歩く。


70Kの疲れもしっかり出ているのかもしれない。

まだまだ。



走行距離・・・10.5K




6月5日(水)



月曜日にT永さんから桑の実をもらった。

昨年同様ジャムにしてみた。


そういえば頓田にも大きな桑の木があったことを思いだし、行ってみることにする。


池の周り、いつのも駐車場から2.5Kあたり、花房小学校の校庭からはみ出した桑の木の下にはびっしりと実が落ちていた


2,3日遅かったかな。

まだ木に残っている実を採る間にもボタボタと落ちてきて、木の周りには足の踏み場もないくらいに実が落ちている。


落ちたばかりの実を袋いっぱい拾い集めた。


再びジャム作り。


画像


画像



人差し指くらいの大きさ。


甘酸っぱくておいしいジャムができた。



昨日よりもアバラは痛まなかったけれど、まだ薬は服用中


7,8時間経過すると効き目が切れてじわっと痛みが出てくる。


走行距離・・・13.5K




6月6日(木)


ビジョガーY田さん頓田をお散歩。


彼女とは久しぶりに会うので積もる話が溜まりまくり、走る脚がすぐに止まってしまう…ので散歩にした。



痛み止めまだ服用中


走っている最中あんまり痛くなくなってきたので、試しに夜は薬をやめてみた。


寝返りもちゃんと打てた。


もう少しだ!



走行距離・・・11.5K




6月7日(金)



夜中も痛むことがなかったので今日は服薬をやめてみることにした。


昼から、雨は大丈夫そうなので走りに出た。


バストバンドだけはしておいた。


雨が上がった後の蒸し暑さが半端なく、バストバンドで気絶しそう。


快調快調・・と思っていたら7K位から痛くなってきた。


アバラが、というより肋骨と皮の間がバストバンドで擦れて痛い感じがする。


なので途中からバンドを外して走ってみた。

そのほうがいいような。


ラン後肋骨のあたりが少し腫れて痛くなってきた。


・・・本当は走らず、安静が良いのかもしれない、と今頃悟って明日から休足してみようかな、ウォークくらいにしておこうかな。


しかしながら痛みの度合いは格段に落ち着いてきている。

痛めて12日目。


深呼吸もできるし、揺れてもそれほど痛くない。

だけど触ると痛い箇所があるし、角度によってはまだ痛む。


それでも来週はなんとか回復しそうでほっと一安心。



走行距離・・・14.5K



大崎上島

6月2日(日)


大崎上島スーパーマラソンに行ってきた。

・・・先週アバラを痛め、大したことないと思ったにもかかわらずちっとも回復せず、むしろ日がたつにしたがって痛みが増してくると言った最悪のコンディション。


走るか走らないかは当日の朝に決めようと、まずはキャンプを楽しみにいってみた。


いつのも御大、O庭さん、うーさんに今年はブラインドのSさんと伴走のカオちゃんも一緒に参加。


(・・・あずきんやこっちゃんといったにぎやかなメンバーもお隣でキャンプ)


画像



持ち込みでお食事。

前回、奥州での飲み過ぎ食べ過ぎの轍を踏まないよう、自重した。



朝起きて、走ることに決めた。


サポーターをきつめに巻いて、最後の手段と痛み止め服用。


何しろ先週、木曜日にちょっとだけ走ってみたものの、1Kであまりの痛さで引き返してしまった。

走れるかどうかは走ってみないとわからない。


1週間走ってないので脚自体はとても元気。

震動が少ないようにソロリソロリ足を運んで行けるとこまで行き、途中からは歩いてもいいじゃないかと思えてきた。



ラッキーなことに曇っていて前日のような暑さがない。

これ、きのうのような日差しがあればサポーターの下は汗もだらけになったに違いない。


35Kあたりの神峰山の5Kの上りまでは結構元気に走れた。


しかしここで走ってないつけがやってきた。

途中からはアバラの痛みよりも足腰のしんどさの方が勝っていたかもしれない。

頂上5K手前で足が痙攣


引きずりながら頂上にたどり着いた。


画像



取り敢えず笑顔で記念のお写真。


残り25Kはすっかりオモオモになってしまった脚を引きずりながらなんとかゴール。




それでも昨年より10分オーバーくらいで走れたので十分満足。

画像




帰りの車で傷み止めの効果も切れて身体の位置を変えるのにもヒーヒー言いながら、宮島インターで「はぶて焼き丼」なるものを食べながら帰り着いた。


画像


アナゴと牡蠣と鯛の乗ったご飯をひつまぶしふうに食べる。  結構おいしかった。



一日たって今日、お仕事でチビさんたちと裏の公園でリレー大会。

100M走るのもアバラが痛くて走れなかった。


今考えるとレースのときってアドレナリンが出てくるんですね~。

いったいいつこの痛みは回復するのでしょうねー。


走行距離・・・70K-7時間9分

ミヤマキリシマ

5月26日(日)


ラン友に誘われて九重登山に出掛けた。


久し振り~何年振りだろう。


ワクワク。

おとーさんも誘ってみると、おとーさんはゆっくりのんびりマイペースで行きたいので別便で行くという。


前の日から出かけ、車中泊し、早朝から登るという。


まあ、好きなように。


朝5時半の電車で待ち合わせの博多駅着。

7人でワイワイと久住をめざし、9時前には男池着。  ここからソババッケ経由、大戸越~平治岳に登る。

画像


男池の水のきれいなこと!

エメラルドグリーンとはこういう色のことだ。


ここから登るのは初めてで、なかなかいいとこ~。


画像



かくし水。冷たくておいしい。


画像



大戸越(うとんこえ)から見た平治岳(ひいじだけ)

ミヤマキリシマはちょっと早くて5分咲きといったところだけれどそれでも十分綺麗。

画像



ふと見下ろすと坊ヶずるが見える。テントが結構張ってあったが、来週の山開きになるとテントだらけになるんだろうな。


画像



平治岳頂上。

むこうに三股山が見える。

この山、結構急峻でミヤマキリシマの枝は厳しい強風に負けないようにがっしりしているのでヨイショヨイショとがんばって登った。


帰りはズリズリ滑り落ちながら…途中からは岩ゴロゴロの中をちょっと緊張しながら足元をしっかり見ながら・・・お喋りの皆さんなのに黙々と下る。


無事下山。

先の上り終えたおとーさんとも合流できた。



イヤイヤ、命の洗濯。


山はやっぱり気持ちいいな~。


画像


ミヤマキリシマ一面の中にあった、イワカガミ

画像


ピンクのミヤマキリシマの中の白いミヤマキリシマ



誘ってくれたみなさんありがとうございます。

また誘ってね!



後日談:

この日家に着いたら、奥州きらめきマラソンの年代優勝の賞品が贈ってきていた。


画像


血と汗の結晶!


実はこれに懲りてフルの前はしっかり練習をするぞ!と反省し、この数日ちゃんと走っていたのに・・・


今回の山登りのくだりでツルリンと滑りこけ、脇腹を痛打

折れたりひびが入ったりしているほどの痛みではないけれど、走って揺れると響く。


今日(28日)膝の注射のついでにヤマ先生に診てもらうと、やっぱりひびは入ってない、打撲。

ちょっとほっとして、でも今日まで養生することにする。



…骨粗鬆症ではないみたいなのでよかったけれど、気をつけねば。


奥州を行く

5月18日~21日(土~火)



東北旅行に行ってきた。

2年前の秋にも行ったけれど今回は奥州きらめきマラソンに合わせて岩手県から青森にかけての旅。


最初はマラソンにやや重きが置かれていたはずなのに、N田御大ご夫婦、とり正ご夫婦、O庭さんも一緒に行くことになってマラソンではなく、お楽しみ旅行に重きが置かれることとなった。


案の定、一日目の北上でのビアレストラン飲み放題で皆さんかなり飲み過ぎ。

男性軍はフルではないけれど10Kにエントリーしているのに。


かくいう私もあまり飲めないというのにジョッキ一杯飲みほしてヘロヘロ、まったくレース前日の状態ではなくなってしまった。



しかしながらアスリートたちの旅行、翌日はちょっと重たい頭を抱えながらもレースに臨んだ。

まったくフルを走る心持ではない。


30分早くフルをスタートした私・・・1K行く前に・・スタートラインに行きつく前に脚が異常に重いことに気が付いた。


こりゃ、完走できるかな、と不安になるが、お楽しみレースということで楽しくゴールを目指しましょう!と走り出した。



結果。

さんざん。


ワースト記録更新


弁解すれば、やや二日酔い、暑いこと、笑える強風。


勿論一番は練習不足かな。

ハーフの折り返しまではなんとか踏ん張ったけれど、その後は真っ向から吹き付ける強風に脚が進まない。

ハーフからは全くのJOGとなって、タイムうんぬんではなくとにかくゴールまでは歩かず行こうと必死で踏ん張ってみる。


おかしな力を使ったもので、ふくらはぎ上部とお尻の下の方の脚のつなぎ目がパンパンに張りだした。


しっかり走り込んでいたら風に負けずに進めていたかもしれないけど。


それでも…途中こりゃ3.5も難しいかも、と覚悟していたらなんとか30分は切ってゴールした。


おとーさんたちもそれなりに10K完走。

前日のアルコールを吹き飛ばしていた。


いつもと違う風に抗う走りで、足の後ろ側がパンパンに張ってしまったけれど、取りあえず年代1位だけは死守。


景品は何かな?  後程郵送。



レース後、八幡平へ。




画像


画像


こんな雪の中を進むと

画像


頂上の鏡沼  真ん中に雪が残って周りが丸く溶けだすと「ドラゴンアイ」怪獣の目玉のようになる。

2,3日早かったかも。


夜は後生掛温泉。日本でも屈指の豪雪地帯にある湯治場。

風情ある温泉で脚の疲れを癒す。

翌日

画像


まずは十和田湖遊覧

画像


画像


続いて奥入瀬渓谷を歩く。

脚はまだ痛いし、N田御大が迷子になるし・・・

その後は八甲田山

ここも行きたかった。

画像


画像


ロープウェイで頂上近くに登った。

でも雪があり過ぎてトレッキングはできなかった。

天気がいいので遠くまで見渡せて、まあいいっか。



3日目、ここで雨。

白神山系近くの…

本当は白神山系を歩きたかったけれど、おとーさんのミスで山系続きの山歩き。

それはそれで雨がショボ降る中、ブナ林がきれいで花もきれいで楽しめた。


昼過ぎ、青森空港に着くと、羽田上空、風が強くて遅延。

遅れること2時間。乗継便に乗れず、次の便で・・・でもその日に帰り着くことにができた。


これ以上遅れると、おじさんたちの飲むビールの缶がどんどん増えて困ってしまうところだった。


そんなこんなのおじいさんおばあさんの珍道中、無事何ことも無く終了した。


・・・いつかまた行く機会があるでしょうかね。

うちの夫婦が一番若かったけれど、人生の先輩と一緒に旅できて、いい経験ができた。


また一緒に行ってくださいな。

ただし今度はレース抜きがいいな、としみじみ思う。


走行距離・・・42,195K(3時間26分)

平尾台の花々

5月12日(日)


誘ってくれる人がいたので久しぶりに平尾台を走ってきた。


久し振りであんまり走れないし、筋肉痛にはなりたくなかったので手加減してもらって、ちょっとだけ。


画像


茶が床園地から偽水晶山~青龍窟~中峠~周防台~桶が辻

とコンパクトに回った。


天気がいいし、お花はきれいだし、最高!!


画像



画像


画像


霊気漂う青龍窟


画像


平尾台に多く見られるオキナグサの綿毛。

おじいさんの白髪みたい。

画像


ホタルカズラ

画像


タカサゴソウ

画像


カノコソウ

画像


アマドコロ

画像


シラン   いたるところで群生。



お花を満喫。

久し振りにリフレッシュできたな~。


走行距離・・・13K

令和の橘湾岸

5月7日(火)



今年も橘湾岸春のステージにエイド参加してきた。

今年の春はE、L、M、Sコースとバラエティに富む距離設定。


参加人数、650人というビックな大会に膨らんだ。

大会運営はうまくいくのかしら、エイドは回るのかしらと心配しても仕方がない、やるしかないでしょう!と幕が開いた。



大会自体はおいといて、まずは3日、早起きして5時半スタートで佐賀基山まで走って行った。


大会参加のランナーさんがうらやましくならないように…


画像



ガーミンくん作成のコースで行くと実に面白い、あり得ん道や行き止まりの道に誘導されながら、基本高速沿いに走って行った。

舗装路ばかりなので日が高くなるとまあ暑い暑い!


こりゃ大会本番、明日明後日は過酷なレースになることだろう、死人が出るかも・・・

画像


画像


唐津街道を進み、幾多の峠を越え、


画像


道端のえらくきれいなこの芥子は怪しい芥子ではないだろうか・・・などと結構つらい道中を何カ所もの自販機に寄りながら進み、基山丸幸ラーメンおとーさんとの待ち合わせ場所に到着したのは1時半。

なかなかハードな70Kだった。


時間がないのでラーメンを食べることなく長崎入り。

夜は長男家族、お嫁ちゃん家族と会食。




車中泊。

翌早朝から5時スタートのEコースランナーさんたちが集まり、長い過酷な旅にスタートした。


7時スタートではすでに暑さが半端ない。

たくさんのランナーさんが参加し、橘湾岸スーパーマラニックもずいぶん大きくなったものだな~と改めて襟を正す。


今回参加者が多くなった分いろいろ問題点も噴出し、地域の方からの苦情も当然出てきた。

スタート地点でも早朝からの騒動に、苦情が出る。

そりゃそうだ、休日の安眠を妨害されるんだから。

地域との共存も大きな問題。考えていかねば。

夜間通過の地域だけでも自治体を通じて事前に告知しておくべきかもしれない。




人間の慣れというのは恐ろしいもので、173Kなんてとんでもない距離だと思っていたのが217K、Eコースができると173Kが短く感じる。


400人の参加人数がとんでもない参加人数だと思っていたのが、650人になると、400人だと楽なのにな~などと思う。

そんな懲りない人たちの集まりだからやれるのかもしれない。



女神大橋で冷やしうどんのお手伝いをした後、夕方から権現山山頂エイドを張る。

今回は北九州からのF夫妻が私たちと一緒に行動を共にしてくれるチームメイト。


昼間は急激な暑さでドリンクが品薄状態、これは予想したことでもあるが日が落ちてくると急に冷え込んできた。


昼間の暑さで体力を消耗したランナーが、山に登って日が落ちると一気に疲れが出てきて動けなくなる。


気分が悪くなったり内臓をやられる人続出。特にEコースのランナーの疲労が著しい。

これは厳しい関門に間に合わせようとしてペースが上げているから仕方がない。


Mayumiさんとコズエちゃんもぐったり、食欲がない。


数人のランナーさんに胃薬をあげたり、がたがた震えのきたランナーさんを寝袋で包んだり、苦戦がうかがわれる。


比較的173KLコースの方はダメージはそこまでないようで、次の担当エイド茂木ぶらぶらへの到着が予定より早い。


F夫妻を先に茂木に向かってもらう…仮眠も夕食のカレーもごめんなさい・・・


権現を撤収して茂木に向かうとそこは大変な事態になっていた。


まずここではアーリースタートのランナーはどんなに早く到着しても173Kの13時スタートか217Kの5時スタートのランナーが到着しないとリスタートできない。そういう決まり。


217Kのランナーがなかなか到着しないので多くのランナーが足止めされている。


でもこれはお約束なので仕方がないが、想定外に217Kのランナーがやって来ない。(173Kが速すぎなのかな?)


それに加えて樺島、川原エイドでのリタイア者が大変な数にのぼり、収容しきれない状態となっていた。


茂木でもスタート待ちで一杯、川原でも部屋に入り切れない状態、樺島では公民館が貸し切った時間を過ぎて明け渡さないといけないのにリタイア者で一杯。

3時半頃やっとLコースのモッチーがやってきて待機のランナーさんがスタートを切った。


が、リタイア者の収容は解決できていない。


そんな状態の中、我々の班は次の担当エイド、飯森経塚へ移動する。


途中F夫妻の奥様が気分が悪くなってダウン。

経塚までの車中、また経塚でも少し仮眠を取ってもらってなんとか持ち直してもらった。


一睡もせず、夕飯も取れず、こき使って何とも申し訳ない限り。

仮眠後は元気を取り戻していただいて、以後杏仁豆腐と格闘してもらった。


2日目、5日は前日よりさらに暑く、やってくるランナーさんは日焼けで皆さん真っ赤か。

人気の杏仁豆腐かき氷パンチで元気復活してもらうけれど、S、Lの元気なランナーに比べ、まあヘロヘロ、疲労困憊のE、Lのランナーたち。

というよりEのランナーが見当たらない。

かなりの数のランナーがリタイアしている。


集計を待たなければわからないけれど、Eに関しては2,3割と言ったところだろう。



我らがN田御大はここでリタイア。

フツーならばお尻叩いて追い出すところ、なかなかいい走り(歩き?)で、よく元気にここまでたどり着きました!とリタイアを承知する。・・・たぶんタイムオーバー



私たちの班のエイドはここで終了。


心こめてエイドを張ったつもりだけれど、まあ至らないところはあったかもしれない。


80K参加のビジョガーY田さん、道に迷ってウロウロ、パンチ漏れがあり「パンチって何?」というボケをかます。

ちゃんと要綱を読みなさい!


Mayumiさんとコズエちゃんは川原ギリセーフ成れどもその後は脚が動かず、無念のリタイア。


O庭さん、最後の千々石公民館までクリアしながらも、残り9Kあたりでたまたま通りかかった私たちの車で収容。(リタイアの連絡を入れた直後だったらしい)

前回一緒に走ったH瀬さん、調子が悪くてLダッシュ、でもゴールまで行きつく。



そんなこんな、リタイア者が例年になく多かったためエイド食は豊富で、大盛りお替りOKとなった。


けれどなるべくたくさんのランナーにエイド食を堪能してもらいたかったなー。


翌日、古賀インターを降りたところからこれも例年通り帰宅ラン


30Kほどをゆっくり大会を振り返りながら走る。


こんなにリタイアが出てしまった原因としてはまずは、昼間の暑さ。

その他そうそうたるメンバーは少し前にネイチャ-を走ったりして調整がついていなかったこともあるらしい。

Eについては川原の関門の厳しさが問題のようだけれど、昨年関門アウトで、今年は見事素晴らしいタイムでリベンジしたメレ姉だっているし、それなりに走れば走れる設定だと思う。

簡単にクリアできればEコースのエクセレントたるゆえんがないじゃないの。


私はそのままの設定で行くべきだと思う。

それに合わせて鍛錬して参加すべきだと思う。


いろいろ協議事項を残しはしたけれど、大いに反省し協議し、また次回につなげていこうではないですか。

若いボラもずいぶん多くなり、心強いですよ。


老体も引退の余地が見えてきました。


選手の皆さん、ボラの皆さん、大会事務局の皆さん、お疲れ様でした。

また次回お会いしましょうね。


募集中

4月26日(金)


雨予報がなんとか持ちこたえているので、昼から本陸ハーフのペース走をする。


本陸でもちょっと風が強いけれど、河川敷を思うとマシ。


昨日と打って変わって寒くなった。


前回ハーフが走り切れなかったので今日は用心してペースを上げ過ぎずスタートしてみた。

初めの1K4分31。


その後4分30は切って走る。


だんだん強まる風に抗って、13Kで給水という名の休憩を取って、再び走りだし完走。


AVE4分26。十分。

ホント老体にムチ打ってます。


走り終わって、給水しようと・・・スタート地点のベンチに置いたペットボトルの水がない!


ふと見ると横の芝生の原っぱでちびっこたちが私のぺートボトルでボール投げをしていた。(~_~;)


諦めた。


走行距離・・・23K




4月28日(日)


畑の早朝練習参加。


河内の藤園まで行ってみようということになった。


画像


画像



5分咲きといったところ。


これはアーチ型の藤のトンネルで、外から見たところ。

中はファンタジーの世界!


入園には1500円いるけれど、外から見るだけならタダ。

どのみち前売り券がいるから入れないけど。


外からでも十分綺麗だった。


そのまま市瀬峠を走って、しんどいアップダウンのある水道道を通って帰った。


画像


途中、あちこちから頭を出している竹の子をゲット。


ビジョガーO林さんが大活躍して両手に抱えって帰った。




ところでお知らせです!


連休中は例年通り長崎で橘湾岸のボラをする予定だけれど・・・


ボラの皆さん、特に北九州から参加のボラの皆さん、3日の朝、基山辺りまでいっしょに走っていく人いませんか~。  65K位です。

(長崎まで走ってもいいけれどボランティアができなくなる恐れがあるのでこのくらいで)

基山でお父さん車と合流、帰りも同乗できます。


まあ、いないでしょうねえ・・・・

一応募集中。



走行距離・・・22.5K

とにかく花見

4月22日(月)


天気もいいし、絶好の行楽日和なのでおとーさんとお花見。

今日はツツジを見に若杉山の西側、皿山公園に行ってみた。

若杉山の北側と東側からは何度も上ったことがあるけれど、こちら側は初めて行く。


こんなところがあったんだ!

画像



画像


山の斜面一面、きれいに整備されていて、桜やらツツジやらあじさいやら植栽されている。

きっと秋の紅葉もきれいそう。


帰りは犬鳴トンネルを抜けたところから走って帰った。


それほど距離はないのにとてもしんどかった。


急に暑くなったからかな。



走行距離・・・24K




4月24日(水)



昼過ぎから仕事なので午前中、芦屋の魚見山公園のつつじを見に走りに出た。

・・・花見ランばっかり。


ちょっと走ったところで職場から早目にきて欲しいコール。

すぐ引返し、遠賀川河川敷を戻ろうとしていると、若者が私の横を追い抜いて行った。


その後再び私が走りだし、追い抜こうとしたところで若者がペースアップしてきた。


当然のごとく私は年甲斐も無く対抗意識をもやし、さらにペースアップして追い抜かすと彼もさらにペースアップ。


・・・知らないもの同士、先を争ってバトルしている様は傍で見るときっとおかしかったに違いない。


お蔭でいい練習になったな~と終了。


若者、きっと変なおばちゃんがくらいついてきたとグチっていることだろう。



走行距離・・・14.5K



4月25日(木)


ビジョガーY田さんと花見ラン。(またもや)


今日は王道、吉祥寺の藤


今週末がお祭りみたいで、まさに9分咲き、いいタイミングで鑑賞することができた。


画像


見事!


画像


なんとかの塔の上から見た藤棚。

テレテレ花見に浮かれてばかりではなく、ちゃんと最後の3Kは河川敷を向かい風に負けないでペースアップして走った。



後は河内の藤棚を残すのみか。


走行距離・・・19.5K