kimiのルンルンルン♪〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 四万十ウルトラマラソンへなちょこ伴走

<<   作成日時 : 2018/10/23 09:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

10月21日(日)



ウルトラマラソンランナーなら一度は走ってみたい四万十ウルトラマラソンを走ってきた。

ブラインドランナーのS尾さんにこのお話をいただいたときは二つ返事で「行きます!」



さっそく同じく四万十に参加予定と聞いていたラン友、Mさん、とNさんに連絡、一緒に連れて行ってもらうことになった。


別府からフェリーに乗って、四国八幡浜入り、車で中村まで。


おかげさまで快適に現地入りできた。



本番当日。

見事やらかしました!!


3時45分お宿発なのに、起こされたのが3時44分。


目覚ましセットを1時間間違えていた。


しかしながら急げば出来るもので、10分で準備完了。


送迎バスの中で朝ご飯食べたり、テーピングしたり・・・(-_-;)



まだ暗い会場入り、気温10度を下回り、寒い!


まだ暗い中スタート、なんとかゼロ関門通過、寝坊をクリアしスタートラインをきることはできた。


S尾さんの希望は12時間台のゴール


まあ、頑張りましょう。


画像


四万十川に沿って走るコース、空気はきれいだし、山も川もきれい。



ずっとMさんNさんと前後しながら、同じくらいのペースで進み、15K位からのこのコース唯一の上り坂。


7Kの坂をS尾さん、歩くことなく走りぬく。

下りを飛ばし過ぎないよう慎重に走り、起伏の関門は快調に通過する。



半分の50K、まだまだ元気。キロ7分前後でいいペースで行く。


ここらあたりから日が差し始めるけれど、何しろ山間なのでそれほど日差しは気にならない。


というか、この四万十マラソン、給水場が多い。


2Kおきくらいにあるんじゃないだろうか。

暑さに弱いというS尾さんでも持参の給水ボトルを使うことがない。


その分、給水に立ち寄る時間はかさむけれど。

それに加え、朝冷え込んだので、トイレにすでに2回、列に並び時間ロス。


61Kのレストステーション前、S尾さん、膝の裏側辺りが痛いと訴えるが、大丈夫大丈夫と暗示をかける。


レストステーションでやっとほっと一息。元気回復。



再びいいペースで走り出すが、ここから難所となる。


ここまで山間の狭い道も走ってきたけれど、車の往来がなかった…車の規制が入っていたのかな。


でもここにきて狭い道に車が入ってくる。

しかも前後で来るので、離合しようとする車とランナーと交じり合って、並走する私とS尾さんは前後走し、それでも車に接触しそうになる。


これが12Kほど続き、大変神経を使ってしまった。


この間Mさん、Nさんは先行する。


Sさんも神経を使ったこととペース良く走れなかったことで膝の痛みとふくらはぎの痛み発生。


その後はエイドで水を掛けながら脚をだましだまし走る。


そんなこんな悪戦苦闘しながらも、走れるところはしっかり走ったS尾さん、目標の12時間台達成はならなかったものの13時間9分でゴール!!

100K中、歩いた距離は500Mもなかったくらいの力走で、素晴らしいウルトラランナーぶりを発揮した。



私と言えば、朝の1時間寝坊+ズッコケ3回くらいかな。

ぼんやりの私的にはしっかり最後まで意識を張りつめて、細心の注意を払っていたにもかかわらず、何度か危ない思いをさせてしまった。


ゴール前10Kは山間部すっかり暗くなってきて、そうなると私もS尾さんも条件は一緒みたいな、前が見えませ〜ん。


こちらの方が腰が引けて情けない走りになりながら、それでも「私も見えないから脚上げて気を付けて走ってね!」

と役に立たない伴走ぶり。

いよいよゴールゲートではゴールの嬉しさが先に立ち、ゴールゲートの段差でずっこかしそうになるへなちょこぶり。


まあ終わってしまえば、そんなこんなも笑い話となった…笑い話としてくれるかな・・・。



画像



フェリーが付いた八幡浜で、まずは讃岐うどんを食べる。

画像


前日、沈下橋にて。

Nさん、天孫降臨みたいになっている。

画像


前夜、ウナギを食べられなくて取りあえず四万十料理屋さん。

カツオの刺身。刺身が立つ!

画像


お店の名物、圧巻巨大焼き鯖寿司

画像


スタート前、篝火があちこちに・・ファイア!!!


画像


翌日、道の駅で。

柑橘ジュース・・・勢揃い。

画像



昨日の夜はコンビニ食でさびしく夕飯だったので、豪華ウナギ弁当を持って乗船。

これがコスパ最高、おいしい鰻だった。

完走とカツオと鰻と、ほぼ目的をコンプリートできました!


満足。

誘ってくれたS尾さんに感謝、走行してくれたMさん、Nさんに感謝です。


走行距離・・・100K

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
四万十川ウルトラ伴走お疲れさまでした。朝起きた瞬間のkimiさん、きっと心臓が飛び出しそうだったですね(@_@)
間に合ってよかったです!
kimiさんならサブ9とかでゴールするから今回は長い時間かけたと思います。でも、それもある意味負荷が高い練習でしょうか。
高知、まだレースで行ったことがないです。
あいあい
2018/10/23 12:46
目覚まし(笑)
ホント笑い話になって良かったです。

無事お役目果たせてお疲れさまでした!
あずき
2018/10/23 13:12
あいあいさん>
びっくり通り越して真っ白でした。
時間的には十分間に合ったのと、あんまりスタート会場に早く入ると寒かっただろから良かったかも。
1時間余計に眠れたし。(-.-;)y-~~~
kimi
2018/10/23 17:00
あずきさん>
笑い話にしてくれてるでしょうかね?
信用ガタ落ちです。(泣)
kimi
2018/10/23 17:01
S尾さん、からっとして明るい方だから、笑って肩の力抜けたかもですよ。

にしても確かに…
車の通行する狭い道の伴走は神経つかったでしょう。
そんな状況想定しないでしょうから。
あずき
2018/10/23 17:39
あずきさん>
こんなに長い伴走は初めてなので、何事かあったら・・と思って緊張しました。頭はげそうでした。
kimi
2018/10/23 19:28
kimiさん>
私も一度しかお話してないけど、あずきさんの言うとおりさっぱりした感じの方だからたぶん気にされてないでしょう。
それより100キロを伴走してくれることに感謝の気持ちでいっぱいだと思います。
あいあい
2018/10/23 20:03
僕も一度しか、S尾さんと話したことないんですけどね。
あの、さっぱり感は今の僕に強烈な記憶として残ってます。

あずき
2018/10/23 20:51
あいあいさん>
とてもしっかり、はっきりされた方です。
私みたいにボーとしてるのはどうなんでしょうねー。完走は私が云々でなく間違いなく彼女の努力です。
kimi
2018/10/23 20:59
あずきさん>
本当にあんなにシャキッとキリッといきたいです。
大チョンボにやや落ち込み気味。
kimi
2018/10/23 21:01
kimiさん>
完走したのが何よりです!
それにタイムも目標に近いから次にがんばろうと思えるし。
あいあい
2018/10/23 21:10
そうそう!リトライ!
あずき
2018/10/23 21:23
あいあいさん、あずきさん>
そうですね。彼女はどんどん頑張って走るでしょう。
私のリトライは無理。
kimi
2018/10/23 21:44
kimiさん>
ウルトラの伴走を一人でしたのですから、お疲れです。
しばらくはのんびりしてくださいね。
あいあい
2018/10/23 22:04
あいあいさん>
はい、次に向かって頑張ります!
kimi
2018/10/23 23:11
休養も大事ですよ〜\(^^)/
あいあい
2018/10/24 07:36
あいあいさん>
そこそこしか走れませーん。
kimi
2018/10/24 09:07
おっつー師匠。 なにはともあれお疲れ様。

ところで師匠&あいあい。 橘湾岸のボララインですがぽんさんが退会してるけど何かあったのかしらん? 今回のQRコード導入の立役者でしょ?
Bianchi
2018/10/24 09:28
B ianchiさん>
まあ、もう少し様子を見たいてください。
NOコメント。
kimi
2018/10/24 19:36
同じくノーコメント(^^)/
あいあい
2018/10/25 12:38
お疲れ様でした。
天気も良くて、きれいな景色も楽しめてよかったです。
沈下橋など懐かしく思い出しました。
地元の中学生スタッフの気配りや
お年寄りの応援も嬉しい大会ではないかと思います。
食の堪能っぷりも流石です(笑)。

筋肉痛来ましたか?
まずはゆっくりして下さいね。
トナ
2018/10/26 04:54
トナさん>
綺麗な空気、手作りのおもてなし、堪能しました。トナさんばりに食も堪能しました。
今回筋肉痛は大丈夫でした。
起伏があまりないからでしょうね。
爪二本だけでした。
kimi
2018/10/26 09:20
よかったよかった。 戻ってきてくれたやん。
Bianchi
2018/10/27 08:51
B ianchiさん>
一安心。ホッとしました。
kimi
2018/10/27 10:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
四万十ウルトラマラソンへなちょこ伴走 kimiのルンルンルン♪〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる